Navigation

環境

主要カテゴリ

おすすめの記事

スイス・インドネシアFTA「自由貿易は地球環境に有害」

このコンテンツは 2021/02/12 スイスでは来月7日、スイス・インドネシア間の自由貿易協定(FTA)の是非が有権者に問われる。議論の焦点となっているパーム油だけではなく、自由貿易のメカニズム自体が問題だ、とレファレンダム(国民投票)発起人のウィリー・クレテニー氏は主張する。

おすすめの記事

スイス大統領、ダボス会議オンライン会合で開会演説

このコンテンツは 2021/01/25 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に先立つオンライン会合「ダボスアジェンダ」が25日、始まった。スイスのギー・パルムラン連邦大統領は開会演説で、持続可能な世界経済の構築、デジタル化、国際協力の拡大などが今会合の重要課題だと語った。

おすすめの記事

ソーラー・インパルス、第二の人生は軍事関連プロジェクトへ

このコンテンツは 2021/01/04 クリーンな次世代航空機として世界に発表された電動飛行機、ソーラー・インパルスが昨年、あるスタートアップ企業に売却された。その技術は特に、軍事分野で使われる偵察用ドローンの開発に利用されるという。スイス公共放送(RTS)の調査で明らかになった。

おすすめの記事

世界初の「宇宙ごみ収集車」はスイス製

このコンテンツは 2020/12/22 欧州宇宙機関(ESA)が8600万ユーロ(約107億円)もの多額の資金を新興企業1社に拠出するのは初めてのことだ。契約を締結したのは、スイスのスタートアップ企業。宇宙ミッションにとって脅威となっている宇宙ごみ(デブリ)を除去する。同ミッションは、2025年開始予定だ。

おすすめの記事

環境配慮型の経済回復を スイスがG20サミットで訴え

このコンテンツは 2020/11/23 スイスのシモネッタ・ソマルーガ連邦大統領は21~22日にオンラインで開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、世界各国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)からの回復を目指す中、先進国は気候変動対策に注力することが重要だと呼び掛けた。

おすすめの記事

2020年11月のスイス国民投票

11月29日に行われる国民投票では、2件の提案の是非が問われる。「責任ある企業イニシアチブ」は、スイスに拠点を置く多国籍企業が国外で人権侵害や環境破壊を犯した場合に法的責任を負わせるよう求める。「軍需企業への融資禁止イニシアチブ」では、国立銀行や年金基金による軍需産業への投資を禁じる。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。