直接民主制

おすすめの記事

スイスは欧州のポピュリズムのテストケースになるか?

このコンテンツは 2020/04/13 ポピュリズムといえば、主要な議論は「ポピュリズムの台頭」をどう食い止めるか、どう戦うか、だろう。だが、その解がもし、人々に話し合いや扇動の機会を持たせることだとしたらどうだろう?特に直接民主制であれば、好きなだけ有権者に投票させることーだったとしたら?

おすすめの記事

新型コロナに揺れる世界の民主主義

このコンテンツは 2020/04/02 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で世界が動きを止めている。公の活動は中止され、ジェームズ・ボンドの最新作すら撮影が延期になった。ロックダウン(都市封鎖)は民主主義にも影響をもたらし、世界中で国民・住民投票が延期になっている。だが独裁者や大衆主義者、国粋主義者が喜ぶのはまだ早い。

おすすめの記事

医療保険料の上昇に歯止めを スイスで国民投票へ

このコンテンツは 2020/03/12 スイスの中道政党、キリスト教民主党は10日、医療保険料を引き下げるイニシアチブ(国民発議)に同意する署名11万9千筆をベルンの内閣事務局に提出した。イニシアチブ成立に必要な署名10万筆を超えたため、提案内容の是非をめぐり国民投票が実施される見通しとなった。

おすすめの記事

スイスで奉仕義務化案が浮上 国際法に抵触か

このコンテンツは 2020/03/08 スイス国民全員に社会奉仕を義務付ける国民発議(イニシアチブ)が提起されようとしている。ねらいは地域社会や環境分野での働き手の確保だ。同様の案は連邦議会でも浮上。奉仕義務を導入すれば、公職を兼職で担う「名誉職制度」が維持され、主要分野の人手不足が解消するとされる。だがこのような制度は強制労働の禁...

おすすめの記事

難しい国民投票 市民の手で分かりやすく

このコンテンツは 2020/02/04 スイス南部の町シオンで、国民投票の投票率を上げるためにある実験が行われている。論点を「分かりやすく伝える」というシンプルな試みだが、そのプロセスには秘密がある。 スイスは1年に4回の国民投票がある。民主制としては優れているが、逆に言えば、それだけたくさんの案件をこなさなければならない。

おすすめの記事

スイスに公営住宅の割り当て基準は必要か?

このコンテンツは 2020/01/16 国に低家賃住宅の促進を義務付けるよう求めるイニシアチブ(国民発議)「もっと手の届く住宅を」が2月9日、スイスで国民投票に掛けられる。賛成派は投機家よりも賃借人を優遇すべきだと主張する一方で、反対派は規制の行き過ぎはかえって不動産市場の不安定化を招くと非難する。

おすすめの記事

台湾のデジタル民主主義からスイスが学べること

このコンテンツは 2019/12/16 スイスの直接民主制は、古いアナログな制度としては「世界一」とされる。だが、電子投票制度の導入が失敗するなど、デジタル化への道は極めて険しい。一方、台湾はデジタル版の参加型民主主義で世界の先端を行く。異色な経歴を持つ台湾のデジタル担当相、唐鳳(オードリー・タン)氏にその成功の理由について聞いた。

おすすめの記事

スイスの若手消防団員、なり手不足

このコンテンツは 2019/12/10 スイスでは災害、自然災害時の支援活動は、本職があり非常時のみ出動する有志の消防団員の活躍に頼るところが大きい。ところが近年、消防団員希望者の数が減少を続けているという。オープン・デーに消防署を訪問し、昼夜を問わず精力的に自治体の防災活動に関わる2人の消防団員に話を聞いた。

おすすめの記事

英、EU離脱で2度目の国民投票?スイスから学べることは

このコンテンツは 2019/11/29 2016年の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を決めた英国では、今も離脱派と残留派とが対立している。国民投票が再び実施されれば、対立は解消されるのだろうか、それとも、さらに深まるだけなのか?専門家は、英国がスイスの直接民主制から学べる教訓があると指摘する。

おすすめの記事

スイスの低い投票率 直接民主制は「整ってさえいれば十分」な制度?

このコンテンツは 2019/09/04 スイスの投票率は低い。とりわけ女性、低所得者、低学歴者、そして特に若者の投票率が低いことが研究で明らかになった。このグループを代表する政治家も明らかに少数派だ。せっかく与えられた権利である投票権を自ら放棄すれば、民主主義のプロセスでこの「不在グループ」の関心事が政治的に取り上げられることはない...