Navigation

科学

主要カテゴリ

おすすめの記事

コロナがもたらす科学のジレンマ

このコンテンツは 2021/05/05 新型コロナウイルスのまん延を機に、科学の動向が世界中で注目されるようになった。政策や市民の生活に対し、これほどまでに影響力を持つのはあまり前例がない。だが、欠点もある。危機的な状況下でスピードにこだわるあまり、科学への信頼が損なわれる恐れがある。

おすすめの記事

急成長の電気自動車、スイスのインフラは大丈夫?

このコンテンツは 2021/04/10 昨年、世界中で電気自動車(EV)の新車販売台数が急増した。もちろんスイスも例外ではない。だがスイスでEVが今後も好調に普及し、CO2排出量削減の効果が表れるようになるには、まだ幾つかの変化が必要だ。ノルウェーなどEV先進国の経験からもそれは明らかだ。

おすすめの記事

学術論文の無料公開求める「プランS」、科学界に革命をもたらすか?

このコンテンツは 2021/03/24 インターネット上で公開された研究成果や学術論文を誰でも無料で閲覧できる「オープンアクセス(OA)出版」が今年1月に始動した。世界中の研究資金助成機関が支援する「プランS」と呼ばれるこの構想は、既に科学界に変化をもたらし始めている。

おすすめの記事

スイス 米J&J製コロナワクチンを一時的に承認

このコンテンツは 2021/03/23 医薬品規制機関スイスメディック(Swissmedic)は22日、米製薬・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの使用を承認した。国内で承認されたワクチンはこれで3種目。ただスイスは同ワクチンを購入していない。

おすすめの記事

ロボットは教師の代わりになるか?

このコンテンツは 2021/03/18 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は、教育現場にも影響を与えた。遠隔授業や対面授業で「ロボットに授業を任せてはどうか」という声が挙がっている。専門家は多くの可能性を認めると同時に、ロボットが人間らしくなりすぎることへの危険性を指摘する。

おすすめの記事

スイスのデジタルID法 見切り発車か見直しか

このコンテンツは 2021/02/24 デジタルID(eID)は、官民を問わず様々なサービスへのアクセスを一本化しデジタル世界への扉を開く鍵として、かねてから導入が待たれている。しかし、スイス政府の提案するモデルは問題が多いとして、来月7日の国民投票で可否が問われることになった。

おすすめの記事

世界初の「宇宙ごみ収集車」はスイス製

このコンテンツは 2020/12/22 欧州宇宙機関(ESA)が8600万ユーロ(約107億円)もの多額の資金を新興企業1社に拠出するのは初めてのことだ。契約を締結したのは、スイスのスタートアップ企業。宇宙ミッションにとって脅威となっている宇宙ごみ(デブリ)を除去する。同ミッションは、2025年開始予定だ。

おすすめの記事

宇宙望遠鏡ケオプス 系外惑星を詳しく調査

このコンテンツは 2020/11/10 宇宙望遠鏡CHEOPS(ケオプス)の名は、「CHaracterizing ExOPlanet Satellite(系外惑星を特徴づける人工衛星)」という意味を持つ。新しい太陽系外惑星の発見をミッションとする他の宇宙望遠鏡とは異なり、ケオプスの対象は系外惑星の存在が分かっている明るい恒星だ。

おすすめの記事

米モデルナのワクチン製造ライン、スイスで立ち上げ進む

このコンテンツは 2020/10/12 スイス南部ヴァレー州フィスプにある製薬大手ロンザ社の工場は今、慌ただしい雰囲気に包まれている。米バイオ企業モデルナが研究開発する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの今年後半の製造開始に向け、従業員は生産ラインの立ち上げに懸命だ。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。