主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

低金利時代 UBS、普通預金口座の利子をゼロに引き下げ

スイスの銀行最大手UBSは6月1日から、成人の普通預金口座に付く利子を0.01%からゼロに引き下げる。

このコンテンツは2019/05/22 10:04に配信されました

熱狂の先にあるもの ビットコインとブロックチェーンを支える技術

ただのたわ言か、あるいは、およそ全ての価値あるモノの取引方法を変える革命的な技術か。 分散型台帳技術(DLT)とは一体何か。どのような仕組みで、誰が利益を得るのか。この動画ではフィクションと事実を分け、熱狂の先にあるものを見ていく。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

成長する技術 ブロックチェーンが変えるスイスのビジネス

ブロックチェーン技術が初めて登場した2008年、データの管理ややり取りに革命が起きると期待された。技術のビジネス化に10年の時を要したが、ようやく活用事例が現れ始めた。その舞台はスイスだ。

マネーロンダリング スイス最高裁、ファルコンバンクの収益没収処分を支持

スイス連邦最高裁判所は12日、ファルコン・プライベートバンクがマレーシアの政府ファンド汚職疑惑をめぐる収益没収処分を不服とした申し立てを棄却した。

このコンテンツは2019/04/15 14:02に配信されました

ビットコイン スイス最大のネット通販サイト 仮想通貨決済を導入

スイス最大のネット通販企業ディジテック・ギャラクサス(Digitec Galaxus)が19日から、オンラインショップでの仮想通貨決済を導入した。同社は昨年、10億フラン(約1100億円)の売上高を記録した国内最大の小売企業。仮想通貨の受け入れを決めた小売企業の中では最大となる。

このコンテンツは2019/03/22 13:29に配信されました

EU・スイス関係 スイス金融商品はサステナビリティ不足? 規制強化めぐり割れる議論

欧州市場へのアクセスを失いたくなければ、スイスの金融業界はサステナビリティ―(持続可能性)と透明性をもっと高めた方がいい―。国際会計企業PwCなどが実施したこんな調査結果を受け、連邦議会では規制強化をめぐる賛否両論が沸き起こっている。

このコンテンツは2019/03/20 7:30に配信されました

税制 スイスが解く 富裕税をめぐる謎

スイスは富裕税に関する興味深い実験場だ。各州政府が自由に税率を定められるためだ。なぜスイスの州は富裕層を呼び込むための税率引き下げ競争をしないのか? それは筆者が先週スイスを巡ったときの最大の疑問の一つだった。

ウェルスマネジメント スイス大手行、アジア市場で苦戦

スイスの大銀行にとってアジア市場は欠かせない存在だ。だがそこで成果を上げるのはそう簡単ではなくなった。

お釣りはありますか? 何も買えない「10万円札」

スイスで最も高額の紙幣、1000フラン札。日本円で10万円強の大金だが、焼き栗やコーヒー、書籍や生花を買おうとするとどうなるのか?

脱税・資金洗浄 仏司法当局、UBSに約4千億円の罰金命令

スイスの大銀行UBSが脱税と資金洗浄をほう助した疑惑をめぐり、フランスの裁判所は20日、同行に有罪判決を出し、37億ユーロ(約4千億円)の罰金を命じた。

このコンテンツは2019/02/20 14:45に配信されました

正当な労働の対価 越境労働者、給料の為替リスクは誰が負う?

スイス連邦裁判所は、従業員にユーロで給料を支払う企業は、為替変動でフランでの支払額より目減りしてしまった場合でも、差額を穴埋めする必要はないとの判決を下した。

このコンテンツは2019/01/16 10:45に配信されました

コンピューターの不備 スイスの確定申告システムに不具合 18億フランが未納

スイス連邦監査事務所は24日、連邦納税事務局(ESTV/AFC)が導入した新確定申告システムの不具合により、多額の税金未納が生じたと発表した。

このコンテンツは2018/10/26 14:00に配信されました

仮想通貨立国 スイス証券取引所、デジタル資産の取引所を新設へ

スイス証券取引所を運営するSIXグループは2019年、仮想資産を取引する「SIXデジタル取引所」を開設する。新しい取引所で何ができるようになるのか、スイスの仮想通貨業界への影響は?ポイントをまとめた。

日本で言う「2千円札」のイメージ? スイス人が200フラン紙幣を使うのはなぜ?

スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)は15日、最新の200フラン紙幣(約2万2千円)を公表した。日本では2千円札が発行されたときあまり普及しなかったが、スイス人はそうでもないようだ。

新紙幣 10フランで何が買える?

スイスでは18日から新しい10フラン紙幣の流通が始まる。基本色はこれまでと同じ黄色で、偽造防止策を強化している。果たして、10フラン札で何が買えるのか見てみよう。