Navigation

外交

主要カテゴリ

おすすめの記事

リベリア内戦の戦争犯罪、スイスがフィンランドの裁判から学べることは?

このコンテンツは 2021/03/05 リベリア反政府組織の元リーダーが現在、戦争犯罪の罪に問われスイスで公判中だ。歴史的な裁判として注目されたが、フィンランドでは類似の手続きがはるかに速いペースで進んだ。フィンランドの裁判所のやり方はどう違ったのか?スイスアプローチの方が効率的だったと言えるだろうか?

おすすめの記事

ハッキングされたチャット、スイスとブラジルの検察官の不審な手法を暴露

このコンテンツは 2021/03/04 2014年に始まり、注目を浴びたブラジルの「ラヴァ・ジャト(洗車)作戦」は、国内政財界トップによる汚職との戦いが目的だった。今年2月上旬に解散した同作戦のタスクフォースが、新事実の発覚によって再び注目を集めている。今回の焦点は作戦に関与した捜査官や裁判官で、スイス当局との協力に疑問が投げ掛けら...

おすすめの記事

WHOが中国で新型コロナの起源調査を開始、組織の信頼回復なるか

このコンテンツは 2021/02/04 世界を震撼させた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大から1年経った今、世界保健機関(WHO)の調査団が隔離期間を終え、中国・武漢でウイルス起源の調査を開始した。これがグローバルヘルスとWHOの信頼性にどれほど重要な影響を及ぼすのかを検証した。

おすすめの記事

ワクチン接種レース、COVAXは貧困国への追い風となるか 

このコンテンツは 2021/02/04 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスのワクチン共同購入・分配の国際枠組み「コバックス(COVAX)」は、貧困国への新型コロナウイルス感染症のワクチン配布を今年第1四半期に開始する予定だと発表した。富裕国も自らワクチン確保に奔走する中、本当に全ての国に「公正で公平な」配布を保証できるのだろうか?

おすすめの記事

対イラン人道貿易協定、コロナ禍で実施に遅れ

このコンテンツは 2020/08/07 国交を断絶した米国・イランの仲介役を務めるスイスは、米国の対イラン経済制裁に抵触することなく、スイス企業が医薬品やその他の人道支援物資をイランに届ける仕組みを実現させた。しかし、コロナ禍で実施が遅れている。協定がどれほどイランの人々の助けになるのかは未知数だ。

おすすめの記事

介入の手を伸ばす中国、スイスの村にも

このコンテンツは 2020/04/15 新型コロナウイルスと戦う欧州各国に中国から続々と支援物資が届いている。だが欧州では中国への警戒感も漂う。中国がコロナ危機を利用して欧州で影響力を高めようとしている疑念があるからだ。中国が明らかに介入してくるケースは多いが、あまり注目を浴びない。先月初めにもスイス・ヴォー州に中国が介入してきた。

おすすめの記事

戦争犯罪容疑者を裁く スイスで期待高まる

このコンテンツは 2020/04/03 非軍事裁判所におけるスイス初の戦争犯罪裁判が年内に行われる見込みだ。スイスの人権NGO(非政府組織)トライアル・インターナショナルによると、国際法上の重大犯罪について発生地や加害者の国籍に関係なく自国で裁く「普遍的管轄権」を行使する裁判が世界中で増えている。スイスでも同様の事件が複数捜査中だが...

おすすめの記事

開発援助の恩恵に与るスイス

このコンテンツは 2020/03/25 国際開発金融機関の是非については意見が分かれるが、貧困国の経済発展を促進すべきこの超国家的組織の中で、絶大な影響力を持つのがスイスだ。そしてスイスは同時に、その恩恵にも与っている。世界銀行の資金が汚職を通じてスイスの口座に流れていることが、最近の調査で明らかになった。

おすすめの記事

クリプトとCIAの関係 スイス政界に余波

このコンテンツは 2020/02/17 米独の情報機関が1970年にスイスの暗号機器メーカーを秘密裏に買収し、数十年間にわたって同社デバイスを使い世界各国の機密情報を収集していた問題で、スイスメディアでは、両者の関係を認識していたという元閣僚や連邦議会議員の名前が複数挙がっている。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。