事件

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

外国の資格の承認

外国に移住する際、悩みの種になるのが、それまでの国で取得した職業資格を新しい国で承認してもらうこと。スイスの職業の多くは公的機関などが定める資格が必要で、そのような場合、働き始める前に手続きが必要となる。

WEF ダボス会議、トランプ大統領出席で抗議デモ 警察、コスト増懸念

スイス東部のグラウビュンデン州ダボスで23日開幕する世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に米国のトランプ大統領が出席することを受け、スイス国内で抗議デモが起こっている。地元警察は今後、デモの増加が懸念されるとしてこれまで以上の人員配置と予算配備を求めている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

#MeToo 英ロイヤルフィル、スイス人指揮者デュトワ氏の退任発表 セクハラ疑惑で

英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団は10日、スイス・ローザンヌ出身の著名指揮者で、楽団の芸術監督と首席指揮者を務めてきたシャルル・デュトワ氏(81)の退任を発表した。同氏を巡っては昨年12月、過去に複数の女性らにセクハラ行為を働いていたとの疑惑が報じられていた。

サッカー界の汚職問題 FIFA、改革の約束の裏で巨額の報酬を支給

汚職問題に揺れた国際サッカー連盟(FIFA)が組織改革と財政健全化に取り組む一方で、昨年、幹部に1千万ドル(約11億円)近い報酬を支払っていたと一部メディアが報じた。

スイスのイスラム教 ブルカ着用禁止、スイス人の4分の3が支持

顔を覆う衣服の着用を全国レベルで禁止すべきかどうかを問う国民投票が行われた場合、スイスの有権者の76%が賛成票を投じるつもりでいる—。実質的なブルカ着用禁止をスイス人の多数が支持していることが調査結果で分かった。

法改正 スイスの法律 2018年からどう変わるの?

2018年1月1日、スイスのパスポート取得がより困難になる一方で、子の養子縁組は若干容易になった。また、付加価値税(VAT)がわずかに引き下げられる一方で、グリーン・エネルギー価格は引き上げられた。

生きる権利 死刑廃止に取り組むスイス

スイスは2025年までに世界中から死刑をなくしたいと考えている。ディディエ・ブルカルテール前外相を中心に、その実現に向けて本格的に取り組み出した。国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルはこれを野心的な目標だと言う。

スイスの視点 セクハラにあったらどうするか

スイスの職場でセクハラにあったらどうすればいいだろうか?どのような現実的支援や法的手段が存在し、どの程度の効果があるのだろう?スイスインフォは、職場のセクハラに関する社員の権利と会社側の責任について、キーポイントをまとめた。 

騒音問題 教会の鐘、夜間も可 スイス最高裁

​​​​​​​ スイス・ローザンヌにある連邦最高裁判所が13日、教会が夜間も鐘を鳴らすことを認める判決を下した。夜間の鐘を減じるよう命じた地方裁判所の判決を棄却した。

出生・死亡

多くの国々と同様、スイス国内で発生した出生と死亡は、国籍にかかわらず当局に届け出なければならない。 出生届の手続きは大概容易かつ自動で行われる。死亡届は地域の役所などに届け出なければならない。死亡者が外国人の場合、本国の大使館もしくは総領事館へ死亡届を提出する。 出生届 ...

誘拐 紛争地域の人道支援 安全リスクは?

10月、アフリカのスーダンでスイス人の女性ボランティアが誘拐された。女性は約1カ月後に解放されたが、個人が支援活動のため紛争地域に行くことは安全なのか。それとも大きな組織に任せるべきなのか。(SRF/swissinfo.ch)

鉄道貨物 ベッツベルクトンネル、世界最大級の掘削機でついに貫通

スイス北東部・アールガウ州に2020年に開通予定のベッツベルク(Bözberg)トンネルが先月29日、着工から8ヶ月でついに反対側へ貫通した。直径12.36メートルの掘削機で一日22メートル掘り進んだ。

国際条約 対人地雷禁止条約 その功績とスイスの役割

対人地雷禁止条約(オタワ条約)が署名されてから3日で20年を迎えた。ジュネーブ人道的地雷除去国際センターのステファノ・トスカーノ所長は、「米国やロシアなどの大国が不参加という状態で、この条約は大きな成果を上げてきた」と評価する。

意見の自由?単なる誹謗中傷? ネット上の発言 取り締まりが難しいスイスの法的事情

「意見の自由」と「差別発言」のボーダーラインは、インターネットが広く普及する前から既に定義が難しい問題だった。そしてソーシャルメディアで瞬く間に交わされるコミュニケーションが、この問題を地雷原に変えてしまった。スイスで実際にあったケースがそれをよく表している。

違法薬物 ベルン大学の大麻研究、連邦政府がストップ

薬局で一定の規制下で違法薬物の大麻を販売した場合の効果を調べるベルン大学の研究について、連邦内務省保健局がストップをかけた。同局は、現行法ではこうした研究を認可できないとしている。

エジプトでの無差別殺傷テロ ルクソール事件から20年 テロ件数は世界的に減少

1997年11月17日にエジプトのルクソールで起きたイスラム過激派の無差別殺傷テロ事件では、スイス人36人を含む観光客62人が殺害された。スイス人が巻き込まれたテロの中では最悪の犠牲者数が出たこの事件から、今年で20年。テロリズムはいまだ脅威だが、意外にもテロ発生件数や犠牲者数は減少している。

米金融当局と合意 クレディ・スイス、外国為替取引の不正行為で罰金150億円

米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は13日、銀行大手クレディ・スイスが外国為替取引で不正行為を働いていたとして、同銀行がDFSとの同意審決に基づき、罰金1億3500万ドル(約151億2千万円)を支払うことで合意したと発表した。

物乞い全面禁止の法律をめぐる裁判の行方 物乞いをすることは人権か?

現在、スイス・ヴォー州で物乞いを禁止する動きが裁判所を巻き込んで広がっている。これを受けて物乞いの全面禁止は基本的人権を侵害するのではないかという疑問が提起されている。