主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

第47回ローザンヌ国際バレエコンクール ローザンヌ国際バレエコンクール スイスのバレエダンサー発掘と育成に尽力

3日、2019年ローザンヌ国際バレエコンクールが始まった。19カ国から集まった74人のダンサーが参加している。日本人は12人が出場(14人がビデオ審査を通過したが2人は辞退)。今年も日本、韓国、中国などアジア勢の参加が目立つ。 ...

スイス名物 「ゴミ」から生まれたスイスの国民飲料・リヴェラ

スイスの国民飲料、リヴェラ。発明したのは法律家、原材料は「ゴミ製品」という珍品だった。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスはスキー国? スイス人のスキー離れに歯止めを

スイスはスキーヤーの国だと考えられてきたが、実のところ雪に興味がない人も一部存在する。そういった人々の多くは、冬休みを山のゲレンデよりビーチで過ごすことを好むようだ。

スキーの季節 ゲレンデ整備チームの長い夜

スイス東部・グラールスにあるエルムスキー場。スキーやソリコース、散歩道を整備するため、ヴェルナー・フライタークさんたちは夜な夜なゲレンデの雪を踏みしめる。

ウィンタースポーツ好調 年末年始スキー客でにぎわう山岳リゾート

好天気と良い雪の状態に恵まれ、クリスマスと新年にかけ多数のスキー客が山岳リゾート地を訪れた。

このコンテンツは2019/01/04 10:41に配信されました

海外から見たスイス 海外メディア、2018年はトランプ氏のダボス会議出席やサッカー選手の「双頭の鷲」ジェスチャーに注目

​​​​​​​ トランプ米大統領のダボス会議出席、テニスのスター選手ロジャー・フェデラー、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でスイス代表選手が見せた「双頭の鷲」ジェスチャー。今年、海外メディアやソーシャルメディアで特に注目されたスイスのトピックだ。

このコンテンツは2018/12/28 10:00に配信されました

1年を彩った統計 数字で振り返る2018年

スイスインフォが配信したほとんどすべての記事に、パーセンテージや年齢、金額など何らかの数字が含まれている。2018年に掲載された統計の中から、特に興味深い数字を振り返ってみよう。

写真で振り返る アツかった2018年のスイス

2018年が終わろうとしている。スイスでは今年、白熱した国民投票や、猛暑などがメディアを賑わせた。アツかったこの1年を印象的な写真と共に振り返る。

アイガー北壁「日本直登ルート」開拓50周年 隊長自らカメラに収めた前代未聞の挑戦

1969年夏、ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ(JECC)のメンバー6人が、アイガー北壁に新ルートを開拓。そのルートは「Japaner Direttissima(日本直登ルート)」と名付けられた。「赤い壁」と呼ばれる難所を通る直登ルートは前代未聞の挑戦だった。

一番になるより、まず安全性 スイスでのソリ滑り お勧めルートと注意点

ソリすべりはさほど危なくないレジャーのように思われるが、実は危険性が潜んでいる。スイスでは毎年、7千人以上が捻挫、挫傷、骨折などの怪我を負っており、過去10年間では8人死亡している。

ビンテージモトクロス スイスのモトクロス バイクと舞い上がる埃

スイスのオールドタイマー・モトクロスクラブは、ビンテージバイクとモトクロススポーツをこよなく愛する人のための存在だ。創立20周年を機に、チューリヒの写真家であるルーカス・メーダーさんはモトクロスバイクとその愛好者たちにフォーカスをあてた。

第38回大分国際車いすマラソン大会 世界最大規模の大分車いすマラソン、スイス人が優勝

第38回大分国際車いすマラソン大会が18日、大分市で開催され、男子フルマラソン(T34/53/54クラス)の招待選手としてスイスから参加したマルセル・フグさん(32)が、1時間23分59秒の記録で7度目の優勝に輝いた。スイスからは他にも世界記録保持者を含む合計6人が参加した。

このコンテンツは2018/11/19 15:15に配信されました

巨大組合 FIFA、引き続き優遇税制の対象に チューリヒ州議会

国際サッカー連盟(FIFA)は組合として引き続き優遇税制の対象になることが5日決まった。汚職事件や特権が批判を受けているだけに、反発を呼びそうだ。

このコンテンツは2018/11/06 12:30に配信されました

マラソンツアー 外国人参加者も多いローザンヌマラソン その魅力は?

年々ますます人気高まるローザンヌマラソン。パリやベルリンの大会と並んで、大衆マラソン大会として国際的にも知られるようになった。プロとアマチュアが一緒に走り、地元ランナーに交じって国外からの参加者の姿もある。フランス語圏のスイス公共テレビが、ローザンヌマラソンの魅力に迫った。

冷静沈着な「アイスマン」 F1ドライバー、キミ・ライコネン スイスの路上で衝突事故を起こし罰金

2005年のF1日本グランプリで鈴鹿F1史に残る大逆転優勝を飾り、07年にはF1世界チャンピョンに輝いたキミ・ライコネン(38)が、在住するツーク州の一般道路で物損事故を起こし罰金刑を科されていたことがわかった。 ...

このコンテンツは2018/10/15 13:00に配信されました

第62回ゴードンベネット 日本の初代気球パイロット、スイスの空に挑む

スイスの首都・ベルンで9月28日~10月6日に開催されたガス気球のレース「第62回ゴードンベネット」。競技に出場した日本チームの市吉三郎さん(72)は、46年前に日本で初めて気球のパイロット資格を取ったベテランだ。風向きの巡り合わせで大会成績は振るわなかったが、敗因にはスイスと日本の地理や航空...

登山者の死亡事故 マッターホルンで4年前に行方不明になった日本人登山者 遺体発見

ヴァレー(ヴァリス)州警察は1日、マッターホルンで4年前から行方不明になっていた日本人男性の登山者の遺体を発見したと発表した。 ...

このコンテンツは2018/10/01 17:26に配信されました

競馬 スイスで最も美しい競馬場

競馬はスイス最大の娯楽ではない。それでもこの国には八つの競馬場がある。最も美しいのはアールガウ州アーラウの「シャッヘン(Schachen)」だ。レースが開催される夏の日には、約7千人の観客でにぎわう。