天候

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

自然災害 1868年の大洪水から150年 自然災害が変えたスイスの姿

150年前、スイスで湖と川が氾濫し、洪水が国土の大部分を襲った。この大災害は国に大きな被害と犠牲者をもたらし、連邦政府の政治や社会にも大きな変化を与えた。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

大気汚染 スイスの空気は北京よりも健康リスクが高い?

スイスの研究者がスイスの農村と北京の繁華街の空気を比較したところ、スイスの方が健康に害を与えるリスクが高い粒子を大気に含むと言えることが明らかになった。大気汚染による健康被害を防ぐには、汚染粒子の量や密度だけを規制するだけでは不十分だと指摘する。

自然災害 スイスアルプス圏の村を襲う気候変動の脅威

スイスアルプスの中心部にたたずむ、のどかな小村グートタンネン。牧歌的な村だが、実は山の地盤の不安定化や不意に発生しうる自然災害の恐れに脅かされている。気候変動の影響からこの村を守る手立ては何だろうか。

気候変動 消え行くスイスの氷河をリアルタイムで詳細に観測

地球温暖化によりスイスの氷河が溶けている。実際にどのくらいのスピードで溶けているのか?どんな影響を与えているのか?スイスの研究者たちは新しい技術により、気候変動の影響と風景の変化を視覚的に捉えることに成功した。

山の事故 スイスアルプスで吹雪 スキーハイキング客7人が死亡

スイス南部ヴァレー州のスイスアルプスで先月29日から30日にかけ、スキーハイキング中のグループが吹雪で身動きが取れなくなる事故があり、2日までに男女7人が死亡した。

チューリヒの春の風物詩 今夏の天気、怪しい雲行きに?チューリヒでセクセロイテン

春の訪れを祝うチューリヒ伝統のお祭り「セクセロイテン」が16日、市内で行われた。わらで作った巨大な雪男「ベーグ」を燃やして夏の天気を占う儀式では、頭部に仕込んだ爆竹が爆発するまでにかかった時間は20分31秒。今年の夏は「期待薄」とのお告げが出た。

寒波到来 ジュネーブ空港、大雪で一時閉鎖

ジュネーブ空港が大雪の影響で一時閉鎖状態になっている。

寒波到来 自然が生み出した氷の彫刻

氷点下の寒さに見舞われたスイス。フランス語圏の各地では、自然がさまざまな「氷の彫刻」を生み出した。仏語圏のスイス公共放送(RTS)が、その息をのむような美しさを映像で紹介する。 (RTS, swissinfo.ch) (編集部注:ビデオは字幕なし)

環境保護 ソーラー・インパルスの操縦士、環境保全技術「全集」を作成へ

太陽光エネルギーを動力とした飛行機「ソーラー・インパルス」で世界一周したベルトラン・ピカールさんは、「パリ協定」の達成を側面支援するため新たなプロジェクトを立ち上げた。ダボス会議に参加したピカールさんに意気込みを聞いた。

自然災害 スイスアルプスで記録的な大雪 統計では減少傾向

今月に入り、アンデルマット、ツェルマット、ダボスなど、スイスアルプスのスキーリゾートが記録的な大雪に見舞われている。ツェルマットでは岩崩れにより交通網が遮断、アンデルマットも一時孤立状態に陥った。ただこれまでの統計では、降雪量自体は減少傾向にある。

自然 記録的な大雪に見舞われたスイス南部の地域

スイス南部ヴァレー(ヴァリス)州のヴァル・ダニヴィエは、ここ20年で最大の大雪に見舞われた。(RTS/swissinfo.ch) ...

自然災害 雪崩と岩崩れで孤立のツェルマット、電車アクセスが復旧

大雪による雪崩と岩崩れのため、再び孤立状態に陥っていたスイス南部のヴァレー(ヴァリス)州ツェルマットのスキーリゾートへの電車が24日夕、4日ぶりに運行を再開した。

雪崩警報で交通が寸断 ツェルマット周辺の鉄道、運行再開

スイス南部ヴァレー(ヴァリス)州ツェルマットで、豪雪と雪崩警報のため運休していた鉄道が10日夕、運行を再開した。