天候

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

チューリヒの春の風物詩 今夏の天気、怪しい雲行きに?チューリヒでセクセロイテン

春の訪れを祝うチューリヒ伝統のお祭り「セクセロイテン」が16日、市内で行われた。わらで作った巨大な雪男「ベーグ」を燃やして夏の天気を占う儀式では、頭部に仕込んだ爆竹が爆発するまでにかかった時間は20分31秒。今年の夏は「期待薄」とのお告げが出た。

寒波到来 ジュネーブ空港、大雪で一時閉鎖

ジュネーブ空港が大雪の影響で一時閉鎖状態になっている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

寒波到来 自然が生み出した氷の彫刻

氷点下の寒さに見舞われたスイス。フランス語圏の各地では、自然がさまざまな「氷の彫刻」を生み出した。仏語圏のスイス公共放送(RTS)が、その息をのむような美しさを映像で紹介する。 (RTS, swissinfo.ch) (編集部注:ビデオは字幕なし)

環境保護 ソーラー・インパルスの操縦士、環境保全技術「全集」を作成へ

太陽光エネルギーを動力とした飛行機「ソーラー・インパルス」で世界一周したベルトラン・ピカールさんは、「パリ協定」の達成を側面支援するため新たなプロジェクトを立ち上げた。ダボス会議に参加したピカールさんに意気込みを聞いた。

自然災害 スイスアルプスで記録的な大雪 統計では減少傾向

今月に入り、アンデルマット、ツェルマット、ダボスなど、スイスアルプスのスキーリゾートが記録的な大雪に見舞われている。ツェルマットでは岩崩れにより交通網が遮断、アンデルマットも一時孤立状態に陥った。ただこれまでの統計では、降雪量自体は減少傾向にある。

自然 記録的な大雪に見舞われたスイス南部の地域

スイス南部ヴァレー(ヴァリス)州のヴァル・ダニヴィエは、ここ20年で最大の大雪に見舞われた。(RTS/swissinfo.ch) ...

自然災害 雪崩と岩崩れで孤立のツェルマット、電車アクセスが復旧

大雪による雪崩と岩崩れのため、再び孤立状態に陥っていたスイス南部のヴァレー(ヴァリス)州ツェルマットのスキーリゾートへの電車が24日夕、4日ぶりに運行を再開した。

雪崩警報で交通が寸断 ツェルマット周辺の鉄道、運行再開

スイス南部ヴァレー(ヴァリス)州ツェルマットで、豪雪と雪崩警報のため運休していた鉄道が10日夕、運行を再開した。

冬の嵐「ブルクリント」 突風のためスイスで列車の脱線事故

3日、スイスでは、多くの地方が冬の嵐「ブルクリント」に見舞われ、列車の脱線事故、道路の通行止め、飛行機の欠航などの混乱が起きた。

通勤客を足止め スイス各地で積雪 都市部でも交通網に影響

スイスでは18日朝、未明から降り始めた雪のため各地で交通が乱れた。 ...

早い雪化粧 スイスアルプスで初雪を観測

スイスの標高千メートル以上の地域で23日、初雪を観測した。アルプスの複数の峠が通行止めとなった。

スイスの研究者が開発 土石流を早期に察知 最新技術の警報システム

スイスで近年頻発する土砂災害の被害を食い止めるため、チューリヒ大と連邦工科大学チューリヒ校の研究者が、より早期に土石流を探知し住民に危険を知らせる新しい警報システムを開発している。スイス公共放送SRFは研究者と一緒に現場のマッター谷(ヴァレー州)を訪れ、その仕組みを取材した。気候変動により永久...

ハイキング 地盤の緩い登山道 スイスの山での安全対策は

スイス南東部のグラウビュンデン州で8月下旬、大規模な土砂崩れが発生した。ふもとのボンド村が土砂に飲み込まれ、8人のハイキング客が未だ行方不明だ。温暖化の影響でこれらの自然災害は増加傾向にあるが、登山道での安全をどのように確保したらいいのだろうか。 ...