UBS、テロ関連疑惑の送金記録発見

チューリッヒのUBS銀行 Keystone Archive

UBS銀行は、9月11日の米同時多発テロとの関連の疑いのある4つの送金記録を発見した。

このコンテンツは 2001/10/02 11:09

UBSの発表によると、米司法省が配付した200余りの容疑者リストと照合した結果、4つの疑わしい送金記録を発見した。送金金額は少なく、4口の送金のうち1つは欧州で、残り3口は米大陸で行われたもので、スイス国内の支店は関わっていない。UBS銀行では、4つの送金の資金源の調査を依頼した。

UBS銀行ニューヨーク支店は、9月11日のテロで2人が死亡、1人は重度の火傷で入院中だ。UBS銀行は世界貿易センターにはオフィスがないが、3人は当日、同ビル内での会議に出席していた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する