Navigation

UBS、安田生命のファンドマネジャーに

安田生命保険は、海外投資からの増益を目指し、全ポートフォリオ投資の半分にあたる資産3500億円(30億ドル)のファンドマネジャーをスイスのUBS銀行に委託することを決定した。日本の生保が高額資産の管理を欧州系銀行に委託するのは、初めてだ。

このコンテンツは 2001/08/20 09:27

安田生命は国内外の投資の全責任をUBSに委ね、自らは東アジアの投資家の資産管理に業務を集中する。さらに、両社は来春、香港でインベストメント・アドバイザー・サービスの合弁会社を設立する計画だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?