制度

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスの閣僚数分配比率 「マジック・フォーミュラー」

スイスの内閣閣僚は何人?答えは7人だ。だが、内閣を構成する政党の比率はどうだろう?2+2+2+1?それとも3+2+2?スイスでこれほどまでにこの比率が問題にされるのはなぜだろうか?(Michele Andina、swissinfo.ch)

直接民主制 市民教育とは?民主主義におけるその重要性は?

民主主義が成立するためには、市民が自分たちの権利を知り、政治参加することが不可欠となる。しかし現在多くの民主主義国家が、市民教育不足による市民の政治離れという問題を抱えている。スイスの市民教育においても、改善の余地はあるとされている。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

政府が発行する国民投票の解説書 明日はいよいよ国民投票、判断に迷ったときはこの解説書

スイスの有権者は年に約4回、国民投票を行う。だが、案件に賛成するか否かを決めるのは容易ではない。案件の内容が往々にして複雑だからだ。それをわかりやすく説明するために、政府は投票前に必ず賛成・反対の両方の意見を載せた解説書を発行する。この解説書は過去にも度々批判の対象となってはいる。しかし、

グラフで見る国民投票の歴史 時代とともに発展してきた直接民主制

中立性や連邦制と並んで、スイスという国を特徴付ける直接民主制。国民投票は、国民が直接意思表示をするための重要な手段だ。その国民投票にかけられてきた事案の数は、1970年代以降著しく増えている。1848年から現在まで、実に600回以上もの国民投票が行われてきた。

直接民主制 イニシアチブとは?

スイスでは、政治的決定に参加する権利が市民に与えられている。直接民主制はスイスだけに限った制度ではない。しかし恐らく、ほかの国よりこの国でより発展している。  この直接民主制における権利の一つがイニシアチブ(国民発議)だ。いかなるスイス市民も、イニシアチブを起こして憲法改正案を提案できる。

直接民主制 レファレンダムとは?

スイスでは政策決定に直接参加できる権利が国民に与えられている。直接民主制はスイス特有のものではないが、他国に比べそれは高度に発展しているといえる。スイスでは国民が憲法改正案を提案したり、連邦議会で承認された法律を国民投票で否決したりできる。(Michele Andina, ...

国民の権利 国民発議権、なぜ政党が使うと失敗するか

国民が憲法改正案を発議し、国民投票にかける権利「国民発議権」がスイスに導入されたのは1891年。それ以来、196件の提案が国民投票にかけられてきた。近年では政党が主体となって発議案を出しているが、可決されることはまれだ。(SRF/swissinfo.ch) 提案が国民投票にかけられる前に、

直接民主制 スイスの最高権力者「国民」

スイス国民は世界一投票所に通う回数の多い「投票のチャンピオン」。この国では国民が政治の決定プロセスに直接参加する。連邦レベル、また州・自治体レベルのさまざまな案件について、国民は年に平均4回投票する。  直接民主制をとっている国はスイスだけではないが、最も徹底的に直接民主制を実行する国はスイスだ。

国民主権 スイスの直接民主主義

スイスの政治制度を簡単に紹介 中立主義、連邦制、直接民主主義といった制度はスイス国家のアイデンティティの一部。いくつもの言語と宗教、そして文化が混在するスイスを一つにまとめているこの独自の政­治システムを簡単に紹介しよう(制作:swissinfo.ch、協力:在外スイス人協会)

国民投票 スイスの政党 イニシアチブで注目を浴びようと努力

2015年の総選挙が近づく中、スイスの政党は国民に決定を委ねる多くのイニシアチブ(国民発議)を提起している。これまでにも多数のイニシアチブを掲げてきたキリスト教民主党(CVP/PDC)は、来年には新たに二つを提起する予定だ。 ここ数年、スイスの政党は政治目標をより明確にし、

住民発議ができるまで 一般市民2人が原発を止めようとするとき

日本の原発事故、2人の市民、怒り、実現されたアイデア、住民投票。これは、ミューレベルク原発の即時稼動停止を求めて立ち上がったフランチスカ・ヘレンさんとヴァルター・クマーさんの物語だ。彼らが立ち上げた住民発議(イニシアチブ)は18日、ベルン州の住民投票で是非が問われる。  きっかけは、