Navigation

ホーム

主要カテゴリ

おすすめの記事

共産主義に共鳴も「自由」を貫いたジャコメッティ

共産主義に共鳴も「自由」を貫いたジャコメッティ

このコンテンツは 2021/12/05 フランスのパリ解放博物館で2022年1月30日まで、スイス人の芸術家、アルベルト・ジャコメッティが描いた共産主義のレジスタンス活動家、アンリ・ロル・タンギーの肖像画が初公開されている。今年はフランスを始めとする世界各地で、ジャコメッティが注目されている。

おすすめの記事

完璧な死を求めて

このコンテンツは 2021/12/03 もし完璧な死を準備できるとしたら――SFシリーズ「明日のユートピアとディストピア」の最新エピソードには、ナノロボットを使った高級自殺ほう助サービス「ネクロスAI(NecrosAI)」が登場する。だが、最先端の人工知能(AI)システムが顧客に対して実行される時、自殺は想像以上に困難なものになる…

おすすめの記事

安楽死マシン「サルコ」、スイスでの使用に法的問題なし

このコンテンツは 2021/12/03 3Dプリンターで作ったカプセル型の安楽死マシン「サルコ(Sarco)」をスイスで合法的に使用できるかもしれない。同装置を開発したオーストラリアの「死ぬ権利」推進団体エグジット・インターナショナルによると、法的な問題はないとの見解を得たという。

おすすめの記事

入国者への隔離義務を廃止 スイスの新型コロナ情報

このコンテンツは 2021/12/03 スイス連邦政府は3日、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数の急増を受け、COVID証明書(ワクチンパスポート)の提示やマスク着用の義務拡充など、感染対策を再び強化すると決めた。全ての国からの入国者に対する隔離義務をなくし、代わりに検査義務を強化する。

おすすめの記事

何十億人もの人々が待ち望む新型コロナワクチン

このコンテンツは 2021/12/03 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」対策による渡航規制のため、今週ジュネーブで開催が予定されていた世界貿易機関(WTO)の閣僚会議が延期された。延期によって得た時間で、WTOは未解決の重要な問題、「ワクチンの公平な供給のための貿易ルール改正」に取り組む。

おすすめの記事

入国者への隔離義務を廃止 スイスの新型コロナ情報

このコンテンツは 2021/12/03 スイス連邦政府は3日、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数の急増を受け、COVID証明書(ワクチンパスポート)の提示やマスク着用の義務拡充など、感染対策を再び強化すると決めた。全ての国からの入国者に対する隔離義務をなくし、代わりに検査義務を強化する。

おすすめの記事

10カ国語で意見交換

多国籍企業

Jessica Davis Plüss

パンデミックは、あなたの製薬業界に対する見方にどのような影響を与えましたか?

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、製薬会社やバイオテクノロジー企業は重要な役割を担いました。製薬業界を救世主のように捉える人がいる一方、パンデミック終息という、世界が直面している課題の責任は、製薬業界にあると考えている人もいます。

おすすめの記事

賛否分かれるワクチンパスポート 国民投票で問われる

このコンテンツは 2021/11/01 多くの欧州諸国と同様スイスでも、新型コロナウイルスのワクチン接種や陰性を示す「COVID証明書」(ワクチンパスポート)に対し、各地で活発な抗議デモが行われている。そのような中スイスでは11月28日、このワクチンパスの将来を左右する国民投票が実施される。

おすすめの記事

アイガー東山稜の初登攀から100年 なお鮮やかな槇有恒の軌跡

このコンテンツは 2021/09/10 今から100年前、1人の小柄な日本人登山家、槇有恒(まきゆうこう)が山岳ガイド3人と共に、ミッテルレギ稜と呼ばれるアイガーの東山稜を初登攀(とうはん)した。その3年後には槇の寄付を元に、東山稜に山小屋が建設された。そのミッテルレギ小屋は増改築を重ねながら、現在も多くの登山家に利用されている。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。