スイスの視点を10言語で

おすすめの記事

世界一高い薬「ゾルゲンスマ」が伸び悩む理由

世界一高い医薬品

このコンテンツが公開されたのは、 5年前、210万ドル(約3億2000千万円)という驚異的な価格で発売された遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」。1回限りの投与で効果をもたらすと期待されたが、当初想定したほど売上げが伸びていない。

もっと読む 世界一高い薬「ゾルゲンスマ」が伸び悩む理由
解説・薬価の決まり方

おすすめの記事

薬の値段はどうやって決まる?

このコンテンツが公開されたのは、 スイス製薬業界は世界中に医薬品を供給しているが、販売価格は国によって異なる。その理由を動画で解説。

もっと読む 薬の値段はどうやって決まる?
タイのニュース番組の画像。左は別荘への階段。右はスイス人のデービッドさん

おすすめの記事

タイでバッシングの嵐を引き起こしたスイス人男性

このコンテンツが公開されたのは、 自制心を一瞬失ったために、移住先のタイで国中の怒りを買ったスイス人男性がいる。バッシングは激しさを増し、タイ政府が男性の滞在許可を取り消す事態にまで発展。裁判は係争中だが、男性はすでに多大な社会的制裁を受けた。

もっと読む タイでバッシングの嵐を引き起こしたスイス人男性
スーダン内戦の難民

おすすめの記事

赤十字アフリカ局長「死体を積み上げることが勝利ではない」 スーダン内戦1年

このコンテンツが公開されたのは、 武力衝突開始から1年経つスーダンでは、国民の半数が人道支援を必要としている。赤十字国際委員会(ICRC)アフリカ局長のパトリック・ユーセフ氏は、紛争法の順守と支援を呼び掛ける。

もっと読む 赤十字アフリカ局長「死体を積み上げることが勝利ではない」 スーダン内戦1年
ウォッチズ&ワンダーズ2024の会場

おすすめの記事

ジュネーブ時計見本市 過去最高の来場者数を記録

このコンテンツが公開されたのは、 世界最大の時計見本市「ウォッチズ&ワンダーズ(W&W)」2024が4月9日~15日、ジュネーブで開催された。来場者数は過去最高を記録し、時計業界関係者の華やかな「同窓会」になりつつある。

もっと読む ジュネーブ時計見本市 過去最高の来場者数を記録
巨大スクリーンを指さす男性

おすすめの記事

グーグルマップ、スイスが果たした重要な役割 

このコンテンツが公開されたのは、 Google Maps(グーグルマップ)は世界で最も広く利用されている地図情報提供サービスだ。しかし、その誕生を支えたスイス人起業家の優れた嗅覚や、スイスの地図製作における豊かな経験が果たした役割について知る人は少ない。

もっと読む グーグルマップ、スイスが果たした重要な役割 
白い大きな建物

おすすめの記事

グッゲンハイム美術館を創設した一族、ルーツはスイスの農村

このコンテンツが公開されたのは、 米国のニューヨーク、イタリアのベネチア、そしてスペインのビルバオ――グッゲンハイム美術館には世界中から芸術愛好家が集まる。美術館を創設した米国のユダヤ系実業家、グッゲンハイム家のルーツは、スイス北部の農村に暮らしていた貧しい家族にある。

もっと読む グッゲンハイム美術館を創設した一族、ルーツはスイスの農村
マルコ。42歳。仕事と家を見つけて再スタートを切りたいと思っている

おすすめの記事

豊かなスイスでのホームレス暮らし

このコンテンツが公開されたのは、 スイスのような富裕国でもホームレスが増えている。シェルターの大半は満員だ。なぜこのようなことになっているのか。

もっと読む 豊かなスイスでのホームレス暮らし
金の露天商

おすすめの記事

金取引の新星UAE スイスの脅威になるか

このコンテンツが公開されたのは、 欧州の中心に位置するスイスは数十年にわたり、世界の金(ゴールド)取引をリードしてきた。だが、欧米と経済成長著しいアジアとの交差点に位置するUAEがスイスの優位性を脅かしている。

もっと読む 金取引の新星UAE スイスの脅威になるか

おすすめの記事

10言語で意見交換
担当: Patricia Islas

あなたの国の「報道の自由度」は?

読者の皆さんが暮らしている国では、報道の自由に対しどのような障害や脅威が問題となっていますか?また、そうした問題を解決するためにはどうしたらよいと思いますか?

2 件のコメント
議論を表示する

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部