ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ボーイング777-300ER スイスに新型航空機が到着!

航空会社スイス・インターナショナル・エアラインズ(SWISS)の新型航空機ボーイング777-300ERが29日朝、2機の戦闘機にエスコートされながらチューリヒ空港に降り立った。

 パイロットはコックピットの窓からスイスの国旗を振り、滑走路では空港の消防隊が放水で出迎えた。SWISSの花形的存在となる新型航空機を一目見ようと、飛行機愛好家、ジャーナリスト、著名人など100人を超える観客が空港に集まった。

 同社はこれまでに計9機のボーイング777-300ERを発注し、2018年までにエアバスA340と置き換える予定だ。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ボーイング777-300ERは座席数340席で、エアバスA340よりも121席多い。A340と比べ、ボーイング777-300ERのファーストクラスとビジネスクラスはゆったりとしている一方で、エコノミークラスの座席の前後幅は79センチメートルと、2.5センチメートル狭い。

 新機はA340よりも最高速度が速く、さらにエンジン、重量、空力面の改良により1座席あたり23%の燃費の削減が可能となった。

 ボーイング777-300ERが投入される路線は、香港、ロサンゼルス、バンコク。サンパウロ、サンフランシスコ、テルアビブの路線では部分的に投入される。

 現在、SWISSはボーイング777-300ER、エアバスA340-300、エアバスA330-300の機体を使用している。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。