犯人はどんな手口で大金を奪ったのか

1997年9月1日、チューリヒのフラウミュンスター郵便局に強盗が押し入り、5300万フラン(61億円)が奪われた事件。強盗団は一体どんな手口で、これだけの大金を奪ったのだろうか。 (SRF/swissinfo.ch)

(独語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する