Navigation

ろう者のためのバイリンガル教師

イザベル・シカラさんはろう者であり、手話教師だ。ろうの子供や大人が高等教育を受けられるよう支援している。

このコンテンツは 2018/09/12 08:30

シカラさんは、聴者の教師とともにろうの子供たちを教えている。それによって、子供たちは手話と、口述と筆記の口話の両方を同時に学ぶことになる。 

スイスろう連盟によると、このようなバイリンガル教育は非常に効果的だが、スイスの教育制度にはまだ根付いていないという。連盟は、ろうの子供が聴者の子供と同じように高等教育を受けられるよう、全国的なバイリンガル教育プログラムの実施を求めている。

(動画提供 スイスろう連盟)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。