ロボットで農業をもっと効率的に?

ロボットのおかげで農業がもっと効率的に―?スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)農業科学研究所の試験農場で、ロボットを活用した農業の効率化を目指す研究が進んでいる。

このコンテンツは 2019/09/06 14:19

新しい品種は気候変動にどう適応するのか?肥料、農薬を最も効果的に使う方法は―? 

実験には、地中の温度差を判別できるハイテク・サーマルカメラが使われている。それによって、農家はそれぞれの土壌に最適な対応ができるというわけだ。

それだけではない。ロボットが草むしりをし、少量の農薬を注入すべき場所を自動的に感知する。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する