ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

生前退位の議論、スイスでも話題に 写真でたどる「天皇陛下とスイスの絆」

天皇陛下は明日23日、83歳の誕生日を迎えられる。スイスのメディアでも生前退位をめぐる議論が大きく取り上げられる昨今、スイスインフォはギャラリー「天皇陛下とスイスの絆」を制作するためアーカイブで写真を探した。すると、皇太子殿下としてスイスを訪問し、ユングフラウヨッホで犬ぞりに興じる若き19歳陛下のモノクロ写真が見つかった。

1953年の3月末から10月にかけ、天皇陛下は皇太子殿下としての初めての外遊にアメリカ・カナダ及び欧州12カ国を歴訪。スイス訪問は、同年の9月だった。ユングフラウヨッホで犬ぞりを楽しまれたのはこのとき。スイスが誇る高山鉄道の一つユングフラウ鉄道にも乗車された。

陛下はこの外遊中、昭和天皇の名代でもあったため、自然を満喫した後にベルンで連邦議会(国会)を、ジュネーブでは赤十字国際委員会(ICRC)を訪問された。

その後、スイスとの縁は約50年後の2000年5月に再び訪れる。このとき天皇皇后両陛下は、ジュネーブに3日間プライベートの滞在をされた。ジュネーブから少し足を延ばした両陛下が、のどかなヴォー州・マルシュイシ(Marchissy)村を散策された写真が何枚か残っている。

最後の一枚は、2014年2月にスイスのディディエ・ブルカルテール元大統領が天皇皇后両陛下を皇居に訪問したときの写真。

2014年は日本・スイス国交樹立150周年の年で、スイス政府は東京で大々的なイベント「スイス・デー」を開催。ブルカルテール氏はその開会式に出席するとともに両陛下を訪問し、日本とスイスの絆を深めた。

その結果、今度は皇太子さまが同年6月に日本・スイス国交樹立150周年の名誉総裁としてスイスを公式訪問された。そのとき皇太子さまは、ベルンを「家族でもう一度訪れたい町」と表現。天皇陛下が築かれた「天皇陛下とスイスの絆」は、今後も脈々と受け継がれていく。

(写真・ スイスインフォ写真部 文・里信邦子)