Navigation

人工雪を効率的に グシュタードの取り組み

慢性的な雪不足に悩むスキー場。人工雪に頼らざるを得ないスキー場も少なくないが、水や電気など経費もかかり環境への負荷も高い。

このコンテンツは 2017/12/15 16:56

スイス有数のスキーリゾート、グシュタードは、一つの解決策を見出した。ゲレンデの整備車に、雪の深さを計測するシステムを搭載したのだ。

ドライバーは整備車に乗ったまま雪の深さを把握でき、どこに人工雪を撒くべきかを調べられる。従来より人工雪の量を減らすことができるという。

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?