(Keystone)
(Keystone)

外国人が持つスイスのイメージは、時計に始まり、チョコレート、アルプホルン、ハイジまで、型にはまったものが多い。だが、あまり知られていないスイスの顔はほかにもある。

「スイス」と聞けば、山、時計、チョコレート、銀行など多くのイメージが頭に浮かぶ。しかし、これらのイメージの裏には今日のスイスの複雑な現実が存在する。

あなたはそんなスイスのすべてを知っていますか? 典型的なスイスを越えた各種統計を見てみよう。

ランダム情報

  • スイスは、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタインの5カ国と国境を接している。
  • スイスの国土の全長は東西350キロメートル、南北220キロメートル。
  • スイス一高い山は、ヴァレー/ヴァリス州にある標高4634メートルのデュフォーシュピッツェ (Dufourspitze )。
  • スイスの国土は地形学的には、アルプス山脈(60%)、中央平原 (30%) 、ジュラ山脈(10%)の三つの主要地域から成り立っている。
  • スイス人の平均寿命は1900年以来ほぼ2倍になった。現在、女性の平均寿命は84.4歳。一方男性は79.8歳。
  • スイスは、人口全体に占める100歳以上の人々の比率がヨーロッパ一多い(0.01%)。
  • スイス最大の民間企業は食品大手のネスレ(Nestlé)。1866年にドイツ人の政治難民が創設し、現在では世界最大の食品会社に成長。しかしスイスの大半の企業は中小企業。99%以上がフルタイムに換算して250人以下の労働者を抱える中小企業だが、一方で全労働人口の3分の2を雇用している。
  • スイスは伝統的にカトリックとプロテスタントのキリスト教徒の国。連邦憲法は今でも神の名で始まる。
  • スイスの国家的英雄ウィリアム・テルは実在の人物ではないが、ロビン・フッド同様いくつかの事実に基づいている。
  • 18世紀に大きな影響力を持った哲学者ジャン・ジャック・ルソーはジュネーブ市民だった。
  • スイスの国名の元となったのはケルト部族の一つであるヘルヴェティイ族(Helvetii)。ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)と戦った。
  • スイスのラテン語名であるヘルヴェティア(Helvetia)は今もスイスの切手に印刷されている。車のナンバープレートやインターネット・アドレスにあるCHの文字は、スイス連邦のラテン語名 「ヘルヴェティア共和国(Confoederatio Helvetica)」の頭文字。
  • 1957年に作られたサンセリフ書体(sans-serif)のヘルベチカ(Helvetica)は、現在も広く使用されている。
  • スイスの女性は1971年、連邦レベルの参政権を獲得した。アッペンツェル・インナーローデン州の女性が州選挙で投票できるようになったのは1990年。

swissinfo.ch