ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリーズ「宗教改革から500年」 「血みどろの殴り合い」で旧暦を死守

オーストリアのブレゲンツにあるメーレラウ修道院の礼拝堂に描かれたローマ教皇グレゴリウス13世の肖像

礼拝堂に描かれたローマ教皇グレゴリウス13世の肖像(一部)。オーストリアのブレゲンツにあるメーレラウ修道院にて

(zvg)

「正しい暦」をめぐるカトリックとプロテスタントの対立は、スイスでは200年以上続いた。スイス最後の自治体がようやくグレゴリオ暦に切り替えたのは1812年のことだ。

 1796年か97年のある日、「イランツでグレゴリオ暦の支持者が村の教会に乱入し、祈りに使う木製ベンチを引きはがし、ズタズタに切り刻んだ」という記録が残っている。2世紀に渡ってグラウビュンデン地方の自治体イランツを分断していた対立がちょうどクライマックスを迎えていた頃だ。この出来事は、1582年にグレゴリウス13世が大規模な暦法改革を行って以来、スイス全体が抱えていた問題を縮図にしたような事件だった。

 紀元前46年、カエサルがユリウス暦を導入したのは偉大な功績だったが、この暦には一つ大きな欠点があった。学者らもやがて気付いたことだが、ユリウス暦では1年が11分14秒、太陽年より長いのだ。そのため、この数分と数秒が何世紀もの間に蓄積されて誤差が生じ、キリスト教の祭事を定める基準が太陽年と合わなくなってしまった。

 例えば復活祭の日付を決定する基準となる「春分の後の最初の満月」も季節と暦に大きな誤差が生じ、復活祭の期日は次第にずれていった。ローマ教皇グレゴリウス13世(1502~1585年)はこれを受け、秩序を取り戻すために暦の改革に乗り出した。教皇は欧州全土で暦を検討させた上で、誤差10日分を暦から削るよう決定した。

レグラ・ボクスラー:チューリヒ大学で歴史とマスコミ論を学ぶ。2004~11年までスイス公共放送でテレビ番組「クルトゥアプラッツ(Kluturplatz)」の指揮を執り、数多くの展示会を実現した。代表的な著書に「演出する視点 アメリカの現代的都市空間(仮訳)」(原題「The Rendering Eye. Urban America Revisited」2013年)、「使命に生きる マルガレーテ・ハードエッガーの果敢な生涯(仮訳)」(原題「Ich folgte meinem Stern. Das kämpferische Leben der Margarethe Hardegger」2004年)、「現実に背を向けて 人間はサイバースペースを制するか(仮訳)」(原題「Leaving Reality Behind. etoy vs eToys.com & other battles to control cyberspace」2002年)がある。

(zvg)

 当時カトリックの帝国として君臨していたスペインやポルトガルを始め、欧州のカトリック諸国はこの「グレゴリオ暦」を難なく受け入れ、1582年10月4日の翌日をグレゴリオ暦の10月15日とする決定に素直に従った。ところが、カトリックとプロテスタントが混在していた当時のドイツやスイスでは大論争が巻き起こった。

スイスは大混乱へ

 スイスのカトリックの諸州(ニトヴァルデン準州を除く)はグレゴリア暦の導入に賛成し、付随する地域にも同じくグレゴリア暦を導入するよう要請した。ところがプロテスタントの諸州、特にチューリヒ州とベルン州はこれに反発し、教皇の言うなりに改暦することを拒否した。これがグレゴリウス13世の命令なら尚更だ。10年前、フランスでプロテスタントが何千人も虐殺された際、この教皇はテ・デウム(聖歌)を歌って神への感謝を捧げたのだ。

 1584年1月12日、カトリック諸州は先頭を切って暦から10日削り、グレゴリオ暦に切り替えた。改暦を迫られた付随地域は苦心の末、「カトリック教徒は新暦に従って祭日を祝い、プロテスタントは旧暦に従って祭日を祝う」という妥協案を受け入れた。その際、カトリック、プロテスタントいずれの祭日でも仕事や店は休みとした。

 ところがその結果、スイス国内では大混乱が起きた。地域をまたがって行われるマーケットや見本市などの催事は、カトリックとプロテスタントで別々の日に行われるようになった。また、認定証や契約書などはどちらの日付にすべきか不明で、あちこちで旧暦と新暦の日付が記載されるようになった。

 最もひどかったのは祭日の設定だ。プロテスタントがクリスマスを待ち望んでいる傍らでカトリック教徒は既に大晦日を祝っていた。プロテスタントが復活祭の準備をする中、カトリック教徒は既に復活祭を終えていた。また、カトリックとプロテスタントが混在する地域では祭日が2倍に増え、それに伴って仕事をしない安息日も倍増するという事態に陥った。

 こうして両方の暦を並行した結果、どんな経済的被害が生じたかを示す良い例がビヴィオ村だ。この村は1584年以来、教区がカトリックとプロテスタントに分断されていた。ビュンドナー地方のこの村は、アルプス山脈をまたがるセプティマー峠とユリア峠を繋ぐ貿易ルートに位置し、倉庫や旅館、荷負い馬を交換する宿場が多い場所だった。

グラウビュンデン地方のイランツ村は、この絵画のように穏やかな日々ばかりではなかった(1800年前後)

(William Tombleson)

 遠隔地との貿易で成り立っているこの村で、祭日が2倍に増えたせいでその間インフラが使えなくなった。当然、村の稼ぎはそれに応じて減っていった。1745年、ビュンドナー地方のプロテスタント教区で初めてグレゴリオ暦を導入したのがこのビヴィオ村だったのも納得がいく。

イランツで起こった殴り合い

 プロテスタントに切り替わっていたイランツでは少し状況が違った。ここでの対立は宗教の違いが原因ではなく、門閥、すなわち貴族の血を引く上層階級が暦の改定に抵抗したのだ。対立は長く熾烈な戦いとなり、祭日は「血みどろの殴り合い」にまで発展した。

 改暦に関する自治体の投票で新暦派が勝利したことを受け、この闘争は更にエスカレートした。旧暦派である門閥家らが、イランツの外に位置する聖マルティン教会にわざわざ足を運ぶようになった。ここでは隣接する自治体、ルフェン村とフロン村の牧師が旧暦に従ってミサを行っていたためだ。すると新暦派は、祭日の前夜になると木の幹で教会への通り道を封鎖してこれに対抗した。

 この仕打ちは、今度は「揺れ動くルフェン村の人々」をも巻き込む結果になった。郷土史家によれば、人々は「こん棒を手に」旧暦を死守したという。イランツの新暦派は縮小の一途をたどり、人手不足のため旧暦で定められた祭日まで休んでいては畑仕事が追い付かなくなってきた。それを知ったルフェン村の人々は、ある復活祭の月曜日(祭日)にスコップやシャベル、犂(すき)や馬鍬(まぐわ)といった農具を持って押しかけ、旧暦派を援護するために(祭日なのに)畑仕事をしていた新暦派を追い払ったという。やがて1799年、フランス革命軍の占領をもってこの茶番劇にも終止符が打たれた。

伝統的な冬の行列に欠かせないシルベスタークラウス。アッペンツェル・アウサーローデン準州のウルネッシュにて、2013年1月12日

(Keystone)

スイス最後の自治体、アヴェルス

 グラウビュンデン地方で最後の旧暦派が新暦に屈するまでに、それから更に1世紀の時が流れる。1811年5月に政府が「新暦を唯一の暦とする」と発表したにもかかわらず、シアース、グリュッシュ、アヴェルスの自治体は抵抗し続けた。

 やがて政府が刑罰と兵士部隊をもって改暦を迫った末、ようやく降参し、1812年には最後の自治体アヴェルスもついに屈服。アヴェルスはこれで、西部・中部ヨーロッパでグレゴリオ暦を受け入れた最後の自治体という、不名誉な称号を得てしまった。

 スイスでは今日でもユリウス暦の形跡が残っている。アッペンツェル・アウサーローデン準州のウルネッシュでは、今でもシルベスタークラウスの行列が1回目は新暦の大晦日に、2回目はユリウス暦の大晦日にあたる1月13日に村を練り歩く行事が行われている。

​​​​​​​


(独語からの翻訳・シュミット一恵)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×