Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

スイスでもブルカ禁止の声が上がる


インターラーケンを散策する観光客。スイスでは全身を覆った女性はまだほとんど見かけない (Keystone)

インターラーケンを散策する観光客。スイスでは全身を覆った女性はまだほとんど見かけない

(Keystone)

イスラム教徒の女性が全身を覆う衣服ブルカの着用禁止を求める声が、スイスでも大きくなってきた。論争を煽っているのは保守派だ。

口火を切ったのはスイス民主党 ( SD/DS ) 党員でアールガウ州議会議員を務めるルネ・クンツ氏だ。

スイスでは問題なし

 アールガウ州議会は5月4日、クンツ氏が提出したスイス全国の公共の場でブルカの着用禁止を求める州イニシアチブ草案練り上げの動議を89票対33票の大差で可決した。反対を表明したのは社会民主党 ( SP/PS ) と緑の党 ( GPS/Les Verts ) のみだった。間もなく、同様の動議についてベルンとソロトゥルンの州議会でも討議される予定だ。

 しかし、実際にブルカはスイスでも問題になっているのだろうか。「なっていない」と断言するのはベルンのイスラム研究家ラインハルト・シュルツェ氏だ。シュルツェ氏はスイス通信社 ( SDA/ATS ) に対し、スイスではブルカを着用している人をまだ見かけたことがないと語る。

 「ブルカをめぐる議論はイスラム教のスキャンダル化であり、マスコミの一部が憂慮すべき影響を及ぼしている。イスラム教のある面を表面的な記事にすることはできるが、一般市民はそれによって簡単に現実とかけ離れた判断を下してしまう」

抑圧メカニズムの歯止めか、自由の制限か

 アールガウ州議会では、ブルカは「女性に対する男性優越の権力の象徴である」と咎められた。キリスト教民主党 ( CVP/PDC ) のローズマリー・ツァプフル元国民議会議員もこの見方には賛成だ。しかし
「ブルカは女性が強いられている差別の中の目に見える一部でしかない」
 とも言う。

 現在、女性関連団体の上部団体「アリアンスF ( Alliance F ) 」の会長を務めるツァプフル氏は
「その背後には、強制結婚や女性器切除などもっと重大な抑圧のメカニズムがあり、深刻な人権侵害が存在する」
 とみる。

 「ブルカ禁止でこれを阻止できるわけではないが、シグナルを送り『ここまで!』と言うことはできる。自分の意思でブルカを着用している女性に規制がかかってしまうが、それは仕方がない」

 だが人権擁護団体「アムネスティ・インターナショナル ( Amnesty International ) 」は、ブルカ禁止は妥当でもなければ女性の権利に一歩近づくわけでもないと、このような姿勢を激しく批判する。
「全面禁止は、自由意志でベールやブルカを着用している女性の宗教実践の権利、表現の自由を制限するものだ」

swissinfo.ch、外電



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×