ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政治家のリスク 日常的な脅迫、スイス議員の6割が経験

スイス連邦議事堂内で話し合う二人の男性議員

連邦議員の1割ほどは週に何回か脅迫・中傷を受ける

(© Keystone / Peter Klaunzer)

スイスの連邦議員はリスクの高い職業のようだ。スイスの連邦議員の6割が日常的に脅迫を受けており、8割近くが常に中傷を受けていることがフランス語圏のスイス公共放送(RTS)の調べで分かった。特に女性議員はこうした攻撃の的になるリスクが高い。

連邦司法警察省が今月中旬に発表した調査では、議員が受ける脅迫・中傷件数は前年から減少。これを受けてRTSは、攻撃の規模や深刻度を尋ねた。

連邦議員113人(男性75人、女性38人)の回答からは、6割が日常的に脅迫を受けていることが分かった。手紙やメール、ソーシャルメディア上で中傷を受けているのは78%。脅迫も中傷も受けたことがない連邦議員は2割にとどまった。

type of insults

graph

攻撃を受ける頻度にはばらつきがあり、最も多かったのは「1年に1~5回」で38%だった。32%は「月に1~5回」だった。「年に1回以下」や「1週間に数回」はそれぞれ10%だった。

中傷対象については、政党に関するものが54%、政治的見解に関するものが48%。難民申請者の権利など、議論の分かれるテーマや繊細なテーマについての立ち位置を侮辱されることがある、との回答もあった。

女性議員は脅迫・中傷を受ける可能性が高く、攻撃されることがないとの回答は8%だった。攻撃の種類も男女で大きく異なり、性差別主義者からの攻撃は女性議員は88%が経験があるのに対し、男性議員では6%だった。

具体的には「政治をやるにはセクシーすぎる」「性的不感症。ブルカでも被っていろ」「金髪の毒物」といった内容だ。ポルノなど性的な内容も多くの女性が受けている。

insults by gender

visual

どうやって守る?

こうした攻撃も「政治の一部」と受け流す政治家もいるが、警察の保護を求める人もいる。中には司法手続きを取る人も。ある議員は2015年総選挙の選挙期間中、防弾チョッキを着て演説に臨んだという。

ある議員は強姦すると脅され、別の議員は郵便受けに動物の死骸を入れられた。RTSによると、左派・社会民主党セドリック・ウェルマス議員は銃弾の入った封筒を受け取ったことがある。難民申請者の権利保護に向けた同氏の取り組みに対する反発だとみている。

「それらのものに全く恐怖を覚えないといえば嘘になるが、政治的な日課の一部だ。こうした状況では、自分の家族を守り、家族が直接攻撃を受けるのを防ぐのが最も大切だ」(ウェルマス氏)

2017年末、連邦議会はセクハラやいじめを受けた議員のために独立した相談チームを新設した。最近ネットいじめに関する別の相談チームも設けた。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。