Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

租税負担率


スイス、税負担が最も少ない国の上位にランクイン




スイスでは国・州・地方自治体レベルで各税率が規定されるため、実際の税負担率は居住地域によって大きく異なってくる (Keystone)

スイスでは国・州・地方自治体レベルで各税率が規定されるため、実際の税負担率は居住地域によって大きく異なってくる

(Keystone)

経済協力開発機構(OECD)の最新の調査によると、スイスは生活者の税負担が最も少ない国の一つに数えられる。

 先日OECDが発表した加盟34カ国間の租税負担率に関する比較調査によると、スイスの単身世帯における税負担率が、加盟国の中で6番目に低いことが明らかになった。さらに、核家族世帯(共働きの両親と子ども2人の世帯)が負担する所得税率に関しては4番目に低い結果となった。

 同調査の対象となったのは、単身世帯と核家族世帯の所得税、資産税、社会保険料(雇用者・被用者負担)。医療費や居住費などの固定費は対象外とした。

 スイスの税負担は国際比較で低いことが今回の調査で分かったが、スイスでは国・州・地方自治体レベルで各税率が規定されるため、実際の税負担率はスイス国内でも居住地域によって大きく異なってくる。

 OECD加盟34カ国の平均所得税率は、平均的な収入の従業員の場合35.9%。最も高かったのは55.3%のベルギー、最も低かったのは7%のチリという結果になった。

 また、2010年から15年までの5年間で、OECD加盟国の所得税率は全体で1%、スイスは0.2%増加した。さらに、加盟国において全体的に上昇傾向にあった税負担は2011年以降、比較的安定していることが同調査で示された。

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×