ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

緑の妖精 禁断の酒「アブサン」発祥のスイス 隠された蒸留器

アブサンはスイスのフランス語圏、ヌーシャテル州ヴァル・ド・トラヴェールで生まれた。「緑の妖精」と呼ばれ芸術家にも愛されたが、中毒性の強さから、1908~2005年の間アブサンの製造・販売は禁止されていた。50年にわたり企業秘密とされてきた蒸留器の歴史を映像でひもとく。

(RTS/swissinfo.ch、英語からの翻訳・大野瑠衣子)


Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。