2016年11月27日の国民投票

「新しい原発の建設を禁止し、現存の原発の運転期間を45年に限定する」。これが11月27日の国民投票にかけられるイニシアチブ「脱原発」の内容だ。これが可決されれば2029年に脱原発が達成される。スイス国民は、どう判断するだろうか?

国民投票結果
スイス北部ソロトゥルン州のゲスゲン原発。2016年10月14日

2016年11月27日の国民投票結果 スイスの国民投票「脱原発」を否決 今後のエネルギー政策は?

スイスで27日、国内に既存する5基の原発の運転期間を45年に制限し、2029年までに脱原発を達成することの是非を問う国民投票が行われたが、時期尚早のエネルギー転換は現実的でないとし、州の過半数が反対し否決された。脱原発イニシアチブ反対派にとって、今後のスイスのエネルギー政策は、どう展開していく...

Malgré le vote de dimanche, il est désormais largement admis qu'aucune nouvelle centrale nucléaire ne sera construite en Suisse. 

国民投票プレスレビュー スイス人は原発に反対、だが脱原発はゆっくりと

昨日27日に行われた国民投票で、緑の党提案の「脱原発イニシアチブ」は、投票者の54.2%の反対で否決された。「脱原発を否決したといっても、それがイコール原発支持ではないのだ」というのが、スイスメディアの全体的な反応だ。結局、国民の多くが政府の提案する「秩序ある脱原発」に従うことを選んだのだという。

ベツナウ第二原発内部の最後のセキュリティーの扉。もしイニシアチブが可決されていれば、このベツナウ第二とベツナウ第一原発、及びミューレベルク原発の3基が2017年末に運転を停止する予定だった。3基はいずれも、今年で47~48年間の運転になる

2016年11月27日の国民投票結果 スイスの脱原発イニシアチブ、否決

スイスで27日に行われた国民投票で、2029年に脱原発するよう求めるイニシアチブが投票者の54.2%の反対と州の過半数の反対で否決された。これでスイスは、政府が9月に決定した「エネルギー戦略2050」に従い、新規原発建設は凍結するものの、原発の運転期間に制限を設けずにいずれは脱原発するという「...

イニシアチブ「脱原発」
来年17年から再エネ100%の電力供給を行うジュネーブ州。同州の展示会場Palexpoの屋根4万5千平方メートルに、1万5千枚のソーラーパネルが2012年10月に設置された。これは、スイス最大のソーラーパークになる

2016年11月27日の国民投票 緑の党、脱原発しても「十分な再エネがスイスにはある」と主張

いよいよ27日の国民投票でスイス国民は、緑の党提案の「脱原発」を求めるイニシアチブに対し意見を表明する。もし可決されれば、17年末には5基の原発のうち3基が稼動を停止。最終的には最後の原発が稼動停止する2029年にスイスは脱原発を達成する。だが、イニシアチブに反対する政府は「原発に取って代わる...

イニシアチブ「脱原発」のポスター。スイス西部ヌーシャテルにて。

2016年11月27日の国民投票 福島第一原発事故はスイスのエネルギー政策にどのような影響を与えるのか

東京電力福島第一原発事故の後、スイス政府は長期にわたる段階的脱原発へ向けて「エネルギー戦略2050」を国会へ提案したが、緑の党は「脱原発」イニシアチブ(国民発議)を提起した。これらすべては同じ年2011年に起きた。2011年3月を境にスイスでも原発への議論が高まり、今月27日には国民投票で「脱...

In der Schweiz liegt der älteste Atomreaktor der Welt: Beznau I

ファクトチェック 27日の国民投票、スイスの原発は「古くなりすぎて危険」なのか?

緑の党など、国民投票にかけられるイニシアチブ「脱原発」の支持者は、スイスの原発の多くが世界で最も古い施設に属し、その老朽化が大事故のリスクを格段に高める、と主張する。そうした事故は、スイスのように人口密度の高い国では破滅的な被害をもたらすという。 ...

さらに表示
スイスの原発
スイス北西部ジュラ州サンテュルサンヌのモンテリ岩盤研究所は今年5月19日に開設20周年を迎えた

スイス脱原発後の課題 放射性廃棄物の最終処分、太古の泥岩オパリナスクレイに注目

Celia Luterbacher
, St Ursanne

原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分をめぐり、スイスの地下にある特殊な泥岩「オパリナスクレイ」が注目されている。この岩は遮水性に極めて優れ、地層処分後に放射性物質が漏れだすのを防ぐとみられるためだ。スイスには5基の原子力発電所があるが最終処分場がなく、このままでは廃炉後に何千立方メートル...

チェルノブイリの町は住民が避難後、ゴーストタウンと化した。事故を起こした原発は、この町からほんの数キロの距離にある

チェルノブイリ事故 歴史上最悪の原発事故から30年 スイスに残る爪あと

ウクライナの町チェルノブイリにある原子炉が爆発した1986年4月26日、放射性物質が大気に乗って流れ、ヨーロッパの広範囲が汚染された。事故から30年経った今でも、スイス南部のティチーノ州ではその影響が残る。国民の健康への影響はどれほどだろうか? ...

Le réacteur de la centrale de Mühleberg lors de travaux de révision effectués en 2010.

スイスの脱原発のゆくえ ミューレベルク原発、スイスで初の廃炉に決定 残る原発の寿命には制限なし

スイスの電力会社BKWは先週の3月2日、同社が運営するミューレベルク原発を2019年12月20日付けで稼動停止し、廃炉にすると正式に発表した。これはスイス初の廃炉にあたる。一方この発表が行われたちょうどその日、連邦議会の下院が、原発の寿命に制限を設けないと決定。これは上院の決定に添ったもので、...

さらに表示
スイスの再生可能エネルギー
Uno dei gioielli del progetto Linthal 2015: la diga del Muttsee che diventa, con i suoi 1025 metri, lo sbarramento più lungo della Svizzera. 

揚水式発電所「リンタール2015」 スイスで最大の揚水式発電所の開始 だが経済的リスクも

スイスの2大電力会社の一つであるアクスポ電力グループは9月9日、グラールス州でスイス最大の揚水式発電所の運転を開始した。新しい発電所は、欧州の風力発電と太陽光発電の生産量の変動を補う役を担う。だが、このプロジェクトは、赤字に陥るリスクも抱えている。 

一次エネルギー消費量を1人当たり2000ワットに抑えるプロジェクト「2000ワット社会」を実施しているバーゼルの「ウエスト・エーレンマット」地区

2000ワット社会 未来の住宅地、スイスですでに実現

快適な生活を維持しながら、エネルギー消費を半減することは可能だ。少なくともスイスでは、その実現を目指す「2000ワット社会」の目標基準を採用したエリアが誕生している。焦点は、持続的な資源利用や温室効果ガスの排出量削減だ。

再生可能エネルギー スイスの農家、農場で自然エネルギー作り

アルマンド・モンベリ
, ヴァル・ド・リュにて

太陽光パネルの設置に適した大きな屋根、風力タービンの置ける土地、ガス生産が可能なバイオマス。多くの農場には、自然エネルギー生産に適した条件が整っている。しかし、農家のクリスティアン・ヴェーバーさんの例が示すように、農家が自然エネ生産者となるには、大きな野心が必要のようだ。

スイスのエネルギー政策
Im Rahmen der Energiestrategie 2050 ist eine finanzielle Unterstützung der Wasserkraftwerke (hier jenes von Hagneck im Kanton Bern) vorgesehen.

脱原発 スイス政府、脱原発の約束を守り新エネルギー戦略発表

里信邦子(さとのぶ くにこ)

福島原発事故を受けスイス政府は昨年5月、「段階的脱原発」を宣言。その後連邦議会からの支持を得て、脱原発を具体的に進めるエネルギー基本方針「エネルギー戦略2050」の第1案を9月末に発表した。法改正案を柱とするこの戦略では、特に太陽光発電を推進。2050年にはこのエネルギーだけで現在の原発の発電...

電力発電 太陽の力、新エネルギーの主力となるか

アンドレアス・カイザー

太陽エネルギーは今後、スイスの主要な電力源となり、原子力の一部を代替することができると考えられている。太陽光発電業界が早急な設備拡大と助成金を要請する一方で、電力会社はガス火力発電を当面の解決策として提案する。 ...

特集

福島原発事故と震災復興

東日本大震災に衝撃を受け、スイスにも復興支援の波が広がった。一方、福島第一原発事故はいまだ収束せず、微量被曝など多くの問題を抱えたままだ。スイスからこの原発事故をどう捉え、どう支援できるのか、探った。

直接民主制 レファレンダムとは?

スイスでは政策決定に直接参加できる権利が国民に与えられている。直接民主制はスイス特有のものではないが、他国に比べそれは高度に発展しているといえる。スイスでは国民が憲法改正案を提案したり、連邦議会で承認された法律を国民投票で否決したりできる。(Michele Andina, ...