ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

核問題 原発の安全性向上と廃炉

(SRF/swissinfo.ch)

アールガウ州のベツナウ原発1号機は、現在稼働中の原発としては世界最古。稼働停止の時期はまだ決まっておらず、経営電力会社は安全対策などに約760億円を投資している。

一方、ベルン州のミューレベルク原発は2019年に稼働停止が決まった。解体に10年を見込んでいるが、それ以上かかるという意見も出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。