Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

隕石の破片


ベルン近郊で珍しい隕石の大発見!


 他言語で配信中:5  他言語で配信中:5
埋め込みコード

このほどベルン州で、研究者や収集家たちが数百個におよぶ石(いんせき)の破片を発見した。この発見によりベルン州は、スイスで最も多くの隕石が発見され、科学にとって非常に重要な場所となった。(SRF/swissinfo.ch)

今から30年以上前、スイスの一人の農婦が、16万年前に地球に落ちてきた隕石を偶然発見した。そして今回、ベルン州で研究者や収集家がさらに数百個におよぶ隕石の破片を発見したと発表された。破片が最初に見つかったベルン州の自治体にちなんで、トヴァンベルク隕石と名づけられたその隕石は、地球の大気圏に突入した際、粉々に砕けたとみられる。

専門家は、この隕石が1千個以上の破片に砕け散ったと考えている。今回の発見で、破片が落下した範囲をより正確に推定することが可能になり、当初5平方キロメートルの範囲で落下したと思われていたものが、実際にはその3倍の範囲であったと推測されている。

現在、100個以上の隕石の破片がベルン自然史博物館で一般公開されている。