国籍取得手続き スイス国籍を取得するには?

(Keystone)

スイス国籍を取得しようと考える人は多いが、そう簡単に国籍は取得できない。誰に申請資格があるのか?国籍取得への早道は?費用は?スイスインフォが解説する。

「スイス国籍を取得したいのですが、来週そのための面接を受けられますか?」

それほど簡単ではありません。基本的には三つの方法でスイス国籍を取得できます。出生によるもの(スイス人の親を持つ場合)、婚姻によるもの(スイス人と結婚しスイスに5年以上居住する場合)、スイスに12年以上居住している場合の三つです。スイスで生まれたからといってスイス国籍は自動的に与えられません。

「私の両親はスイス人ではなく、私はスイス人と結婚もしていません」

それならばスイスに12年間は居住する必要があります(2018年1月以降は10年に短縮)。ちなみにあなたは10~20歳の間にスイスに住んでいましたか?

「いいえ」

残念でしたね。10~20歳の間にスイスに住んでいれば、その期間の年数は2倍にカウントされるのです。いずれにせよ必要年数に達していれば、州と市町村が、あなたがスイス社会に溶け込んでいるか、法律を順守しているかを審査します(国籍取得申請の条件は州・自治体によって異なります)。その審査にパスすれば連絡が来て、次のステップへ進むことができます。その後、連邦移民事務局により安全保障上の問題がないかが審査されます。

州や市町村によっては、ドイツ語・フランス語・イタリア語のいずれかで口頭、筆記試験を受け、スイス国籍を取得したい理由などを説明しなければなりません。「スイスで最も長い川は?」などの一般知識が問われる場合などもあります。また、国籍付与に値するかどうかを投票するのは基本的に地元住民なので、地元の集会に出席しなければならないこともあるでしょう。

「スイス人と結婚している場合は?」

通常より早く申請資格が与えられます。基本的には、スイス人と結婚して少なくとも3年が経っていて、申請直前の年を含めてスイスに居住した期間がトータルで5年に達している必要があります。これ以外の申請手続きは通常の手続きとほぼ同じです。

また、22歳に達しない子どもで、親と同時にスイス国籍を取得しなかった場合(親が移民だった場合など)も、申請直前の年を含めトータルでスイスに5年居住したという条件を満たせば、より早く国籍取得を申請することができます。移民3世の国籍取得については、2月12日の国民投票で手続きの簡易化が承認されました。

「その他にも国籍取得への早道はありますか?」

もしあなたに「スイスとの密接なつながり」があれば可能です。定義が少々あいまいですが、例えば、少なくとも6年間スイス人と婚姻関係にあり、スイス国外に住んでいる人などを対象としているようです。しかし、毎年ヴェルビエのスキー場で休暇を過ごすからといって「密接なつながり」があるとは言えません。

「費用はかかりますか?

面白い質問ですね。ここはスイスですよ!申請のプロセスと同様に、費用は州や市町村ごとに異なります。費用の平均額を算出するのも容易ではないのですが、通常の手続きでは2千~3千フラン(約22万~34万円)ほどかかるようです。スイスインフォが調査で得た回答は幅広く、「約400フラン」と答えた人や「給料1カ月分」と答えた人もいます。

「取得までにはどのくらい時間がかかりますか?

これも、州や市町村ごとに異なります。通常より早くても1年半~2年はかかるでしょう。ですが、それよりも早く取得した人もいれば、4年かかった人もいます。いずれにせよ、最初のステップは地元の役場に問い合わせる他のサイトへことです。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。



(英語からの翻訳・由比かおり)

×