Navigation

アンディ・フグ映画 ロッキーからサムライへ最終回

1995年、東京でのK-1グランプリ。先の敗戦から何としても息を吹き返したいアンディ・フグ。再起をかけた試合のゴングが鳴る。

このコンテンツは 2020/08/29 06:00
スイス公共放送(SRF)

30歳を過ぎたフグは、今後の身の振り方を考えるようになっていた。フグはカメラの前で、引退後の夢について語る。

試合後、ホテルの部屋で、ある少年がアンディの到着を待っていた。脳に障害を抱える少年は、アンディに人生で大切なことを教えてもらったという。アンディが彼に身をもって示してくれた、とても大切なこととはー。

「アンディ・フグ~ロッキーからサムライへ」

1995年、スイス。フリッツ・ムーリ監督。スイス公共放送(SRF)制作。貧しい家庭に生まれ、ケンカに明け暮れた不良少年が空手と出会い、日本のK-1で名声をつかむー。映画「ロッキー」を地で行くような格闘家アンディ・フグの半生を、本人や家族、友人のインタビューと共に振り返る。

swissinfo.chでは2020年8月25日から、この映画を全5回に分け、日本語字幕付きで配信する。

End of insertion

(敬称略)

※日本語字幕付きで視聴される方は、画面の字幕設定をオンにしてご覧ください。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。