Navigation

クラリアント、BTPを買収

スイスの化学薬品企業クラリアントは、一株600ペンス、総額1兆8千億ポンド(2.8兆スイスフラン)で英企業BTPグループの株式公開買い付けをすると発表した。

このコンテンツは 2000/01/25 17:42

スイスの化学薬品企業クラリアントは、一株600ペンス、総額1兆8千億ポンド(2.8兆スイスフラン)で英企業BTPグループの株式公開買い付けをすると発表した。

「当社の長期目標の第一歩がこれで印された。BTPとクラリアントの組み合わせは、化学薬品業界で最有力企業の誕生となるだろう。BTPの高品質の操業と資産は、クラリアントの医薬・農業系中間生産物の供給に貢献するだろう。今回の合併は、数年のうちに生命科学に関わる分野などでの当社活動を2倍に拡張しようという1999年に打ち出された計画の一環である。」とロルフ・W・シュバイツァー・クラリアント社長は言う。

クラリアントは今後ほとんどの大手医薬・農業薬品企業への戦略的供給源となるであろう。また、クラリアントは今回の買収で生物処理など、いくつかの新技術を獲得、すでに広範囲にわたる同社の複合化学における専門技術をさらに強化したと伝えられる。

クラリアントの本社はバーゼル近郊のミュッテンツで、従業員数は世界中に3万人。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。