Navigation

グラウビュンデンにオオカミが出た

スイスに還って来たオオカミ Keystone Archive

グラウビュンデン州でここ数週間、羊やシカなどが襲われる事件が相次いだが、オオカミの仕業だったことが判明した。野垂フオオカミがイタリアからスイスに還って来ているらしい。

このコンテンツは 2001/05/09 11:02

ローザンヌ大学の研究者らは8日、羊やシカを襲った動物のふん便からDNA鑑定したところ、この動物はイタリア国境を越えて来たオオカミであることが判明したと発表した。グラウビュンデン州南部ベルゲル付近では3月初めから、羊、ヤギ、シカなどが動物に殺される事件が相次いだが、オオカミの仕業であると判明したことから、スイス・アルプス南部地域にオオカミが還って来たことが確認された。ここ1、2年間にスイスではヴァリス州を中心に約6匹のオオカミが確認され、農家では家畜の被害を心配する声が上がっていた。

が、野嵩ョ物の研究者らによると、オオカミが還って来たということは、アルプスの環境が再び多種の野嵩ョ物が髄ァ可能になったということだと喜んでいる。オオカミはスイスでは保護動物に指定されており、多くの家畜殺害が確認されない限り捕獲や射殺は禁b轤黷トいる。グラウビュンデン州猟獣管理人ゲオルグ・ブロシさんは、オオカミの総ンが確認され地元農家は困難に直面すると思うが、どうか必要以上に怖がらず本当の状況を把握してほしいと言う。そして、人間が襲われることは滅多にないと語った。が、地元の牧羊家は、これから夏の放牧期を迎え、不安におののいている。

100年前、まだスイスのあちこちにオオカミがいた頃、農家ではシェパードなど猟犬を家畜の保護に当たらせていた。猟獣管理人や環境学者らは、このままオオカミがイタリアからスイスへの帰還を続けるなら、この昔ながらの労働集約型牧羊メソッドを蘇らせ必要があるだろうと言う。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。