Navigation

スイスに鵜が還って来た

500年ぶりに定着しそうなウ Keystone

15世紀頃までは数多く生息していた水鳥の鵜が、スイスを見捨てて幾世紀。その鵜の巣が7月、ヌーシャテル湖の隣で2カ所発見された。

このコンテンツは 2001/08/09 11:16

スイス鳥類学研究所によると、ヴォ−州の鳥類学者ミシェル・アントニアッツァ氏とパスカル・ラピン氏は、ファネル特別保護区のカモメとニシンの巣を巡回した際、ウが2カ所で巣をつくっているのを発見した。巣にはそれぞれ、2羽と3羽のひながいるという。

ウは冬になるとスイスにやって来るが、巣作りには隣国を選ぶ傾向が過去数世紀続いていた。今回ウの巣が確認されたことにより、スイスで巣作りをする鳥の種は216種あることが確認された。鵜は水中のカニ、エビなどの甲殻類、魚などを餌とする。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。