ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのタクシー、多少の難はあるが評価は「十分」



チューリヒ中央駅で客待ちをするタクシー

チューリヒ中央駅で客待ちをするタクシー

(Keystone)

今年の夏、22のヨーロッパの都市を対象に行った調査で、ジュネーブとチューリヒのタクシーは5段階の真ん中「十分」との評価を受けた。

上位にランクされたのは、バルセロナ、ミュンヘン、ケルン、ミラノ、ベルリン、パリ、リスボンのタクシーだ。調査を行ったツーリングクラブ・スイス(TCS)によると、「非常に良い」という評価を得た都市は一つもなかった。

 スイス国内ではジュネーブが12位、チューリヒは15位と平均的だった。最も評価が低かったのはスロベニアの首都リュブリャナ(Ljubljana)で、評価は「非常に不十分」だった。

 リュブリャナでは「走行距離が短すぎる」ことを理由に、調査員が乗車拒否されたことが2回あった。乗車を断った運転手は調査員に向かって、「歩いたほうがいい」と勧めたという。

ほぼ2人に1人が寄り道

 一つの都市につき、調査員は五つの異なるルートを10回タクシーで走行。つまり、10人のタクシー運転手の業務を調査した。その際、運転手、自動車、最短距離を走るかどうかの三つの項目を評価した。

 計220人のタクシー運転手のうち、寄り道をしなかった運転手は138人しかいなかった。中には、必要な距離の213%も余計に走る悪質な運転手もいた。

 スピード違反の最高は制限速度の時速42キロ超。料金メーターを装備していないタクシーも多く見られた。

赤信号で走る

 チューリヒでは距離を69%「伸ばした」タクシー運転手もいたが、自動車自体は「非常に良い」、また運賃も「良い」と評価された。ただ、運転手の評価はさほど良くない。赤信号を無視したり、運転中にハンドフリーを使わないで携帯電話を使用する運転手がいたほか、本来の目的地から200メートルも離れたところで客を降ろした運転手もいた。

 また、10人のうち9人が観光名所を紹介できなかった。だが、英語で意思疎通できる運転手は10人に8人と多かった。

ノートブックは料金上乗せ

 ジュネーブでは、タクシー運転手は平均して走行距離を26%余計に「伸ばして」いた。運転中に電話をした運転手が2人、また乗客の手持ちのノートブックに1.5フラン(約125円)の追加料金を不法に要求した運転手も2人いた。そのため、運転手は「不十分」と評価され、自動車は「十分」、運賃料金は「良い」という結果になった。

 ジュネーブは多くの観光客や国際組織が集まる国際色豊かな町だが、英語で会話ができない運転手が7人、またレストランや観光名所を紹介できなかった運転手は8人に上った。一方で、10人中9人は道路事情に詳しかった。

 これらの不足はあるものの、スイスのタクシー運転手は全体的に悪くはないようだ。「この二つの町の運転手は、身なりも清潔で丁寧、親切。客の要望にも応え、荷物の積み入れ、積み下ろしも手伝ってくれた」と、TCSは評価する。

swissinfo.ch、外電


リンク

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×