Navigation

スイスの国際競争力上昇

ローザンヌのInternational Institute for Management Development(IMD )の最新調査の結果、スイスの国際的競争力は世界5位となった。

このコンテンツは 2000/04/20 16:02

ローザンヌのInternational Institute for Management Development(IMD )の最新調査の結果、スイスの国際的競争力は世界5位となった。

IMD の調査は、47ヶ国を対象に290項目を審査したもので、1位は米国。2位シンガポール、3位フィンランド、4位オランダに次いで、スイスは昨年より1位上がって5位だった。

調査報告は、スイスはIT専門家不足に苦しんでいるが、競争力強化にさらに努力を要するとしている。そして、特にスイスが現在世界25位となっているキャピタルリスクベンチャーへの投資を増加するよう奨励している。また、スイスの人件費が世界1高いことも強調している。

国際関係においては、スイスは解放性という点で昨年の39位から27位になった。来月の国民投票でEUとの2国間条約締約を国民が承認すれば、スイスの解放性の評価はさらに上がるだろうとIMD報告は結んだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。