Navigation

スイス名物チョコレート、昨年の売り上げは?

スイスのチョコレート業界にとって、1999年は「ビター・スウィート」な1年だったことが、このほど出版された業界誌「チョコスイス」で報告された。国内での需要は増えたが、海外での売り上げは落ちた。

このコンテンツは 2000/02/16 15:08

スイスのチョコレート業界にとって、1999年は「ビター・スウィート」な1年だったことが、このほど出版された業界誌「チョコスイス」で報告された。国内での需要は増えたが、海外での売り上げは落ちた。

スイスの15のチョコレート・メーカーの1999年の売り上げは、13万トン強で、一昨年とほぼ同じ結果となった。総売り上げ高は、約3%増の1.22兆スイスフランだった。国内でのチョコレートの需要は、数年間の不況後、経済の楽観的な見通しと旅行者数が増えた事などの影響により、5%増となった。

チョコレートの輸入が増えたため、今や平均的スイス人のチョコレート消費は、過去最高となっている。一人、年平均11.5kgのチョコレートを食べている計算になる。プラリネと小型のチョコレート・バーが、最も人気のある商品だ。

輸出は、昨年初めには、引き続きアジアの経済危機の影響が大きかったため、後半の追い上げにもかかわらず、損失を補うまでには到らなかった。海外での売り上げは、約6万トンで前年比6%減、総輸出額は1%減の4億18百万スイスフランだった。最も売り上げの落ちた商品は、大型のチョコレート・バーで、12%減だった。スイス・チョコレートの最大の輸出国はドイツで、26%を占めている。次いで、英(12%)、仏(8%)、米(7%)。

チョコスイスは、今年の展望は、世界経済の回復と、国内需要の伸びで、明るい見ている。


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。