Navigation

スイス版シリコン・バレー

ローザンヌ連邦工科大学(ETH)と隣接するシリコン・バレーのスイス版が、拡大計画に巨額投資している。

このコンテンツは 2000/03/16 14:57

ローザンヌ連邦工科大学(ETH)と隣接するシリコン・バレーのスイス版が、拡大計画に巨額投資している。

スイス版シリコン・バレーとも言うべきサイエンス・パーク財団は、新しいハイテク企業の育成と援助を目的に、ローザンヌ大学とローザンヌETHの二つの地元最高学府の専門技術・知識のバックアップを受けて、1991年創設された。現在までに、ハイテク企業43社が入るオフィスビルを2棟建設したが、すでに満室で、長い空き待ちリストに多くの会社が名を連ねている。

財団役員の一人、ローレント・ピジョー氏は、2001年までに3棟目のビル、Eセンターが完成する予定で、約200の職が創造されると言う。Eセンターは、約40社を収容できるスペースと会議室があり、建設費用は1400万スイスフランで、3分の2は企業や地元当局から寄付された。

これらの巨額投資が、スイス人科学者の米国への頭脳流出を逆転または少なくとも阻止できるかどうかは、まだわからない。が、ピジョー役員は、「頭脳流出は、以前のような深刻な状況ではなくなってきた。私自身、現在シリコン・バレーで働いている多くのスイス人が、スイスのハイテク産業の発展を機に、国に帰りたがっているのを知っている。」と言う。

スイスのハイテク・サイトは、楽観論に満ちている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。