Navigation

スイス航空救済失敗で市民ら7000人銀行に抗議デモ

ベルンの連邦議事堂前に集結したデモ隊。 Keystone

政府から4億5000万スイスフランの緊急融資を受けたスイス航空は、4日路線の30%が運航され、5日には半数にあたる137便(欧州内91便、長距離46便)の運航が再開される。ベルンの連邦議事堂前では、2日間のスイス航空の運航不能は救済資金の振り込みが遅れたUBSとクレディ・スイスの責任とする約7000人の市民らが、銀行に対する抗議デモを行った。

このコンテンツは 2001/10/05 11:43

スイス航空とその従業員への国民の団結を表明する抗議デモは、UBS支店の前からスタートした。UBSの行員らは、デモ隊が行内に侵入するのを防ぐため、メインエントランスを閉鎖した。スイスエア社員も含むデモ隊は、「銀行よ目をさませ」「スイスエアと社員を救え」「コルティ(スイスエア会長)支持」などと書いた横断幕を掲げ、連邦議事堂前広場まで行進した。

一方、ブリュッセルでは、スイスのダンテ・メルティネリEU大使が欧州委員会の緊急会議に召喚された。欧州委員会は、スイス政府のスイスエアへの公的資金注入について、スイス政府がEU当局のコンサルティングなしで融資を決定したことに懸念を示し説明を求めている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。