Navigation

スイス鉄道、4000人がデモ

解雇に反対して集まったスイス鉄道の労働者たち swissinfo.ch

3月19日、首都ベルンでスイス鉄道の貨物部門 ( カーゴ、SBBCARGO/CFFCARGO ) での解雇に反対して、4000人がデモを行った

このコンテンツは 2008/03/20 11:11

デモの中心は、主にティチーノ州から来たカーゴで働く労働者とその家族。また、フリブール州や他州からもカーゴの労働者が支援に駆けつけた。

ベリンゾーネのアトリエ閉鎖が発端

ティチーノ州ベリンゾーネ ( Bellinzone ) にあるカーゴのアトリエ閉鎖が発表されて以来、アトリエで働く450人の労働者は、1週間半前からストライキに突入した。今回のデモはその延長線上にある。

デモ隊の一行は混乱を起こさず昼前にデモを終了し、特別列車でティチーノ州に戻った。一方、デモが行われている間、連邦議会の下院である国民議会では、この問題に関し緊急討論が行われた。

モリッツ・ロイエンベルガー環境・運輸相は、
「労働者には、解雇せず、ほかのポストを考えている。スイス鉄道は、正当で開かれた討論を保証する。今必要なのは、対話だ」
と強調した。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。