Navigation

スイス開発局コソボ支部に強盗

スイス開発局は、コソボ州都プリシュティナ支部から100万ドイツマルク(80万スイスフラン)以上の現金が盗まれたと発表した。また、電気製品もごっそり持って行かれた。

このコンテンツは 2000/09/29 11:15

スイス開発局は、コソボ州都プリシュティナ支部から100万ドイツマルク(80万スイスフラン)以上の現金が盗まれたと発表した。また、電気製品もごっそり持って行かれた。

現在、国連警察が調査中だが、現場の状況からして、犯人らは27日夜開発局プリシュティナ支部の屋根に登り、最上階から侵入した模様。そして、金庫ごとバルコニーから裏庭に投げ落としたと見られる。

職員によると、コソボでは限られた銀行しか機能していないため、多額の現金を事務局に置いているのは普通の事だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?