Navigation

タイの国際空港でスイス人500人も足止め

あきらめて、仮眠をとるツーリストたち Keystone

タイの反政府団体、民主主義市民連合 ( PAD ) は現ソムチャイ首相の退陣を求めて、26日タイの新バンコク国際空港 ( スワンナプーム空港 ) を占拠した。その影響でおよそ500人のスイス人も空港で足止めを食ったとされる。

このコンテンツは 2008/11/27 11:13

また27日、外国人ツーリストを多く含むおよそ3000人の乗客は、一時PADに拘束されたが、その後全員が解放されたという。

ソムチャイ首相が退陣しない限り、空港から動かない

AP通信によれば「スイスインターナショナルエアラインズ ( Swiss International Airlines / Swiss ) 」は出発をキャンセルした26日の夕方便を27日にもまたキャンセルした。27日朝8時にバンコクを発つ予定だったスイス人はおよそ200人と推定される。

AFP通信が伝えるところによると、空港内ではカートを利用したコーヒーやサンドイッチ配給所が登場し、チェックインカウンターは臨時の寝室に変わっているという。カートを5つ組み合わせてコーヒーを提供している、ある女性は
「空腹の人はみんな、わたしの所に来て。これはすべて無料。料金はほほえみよ」
と語った。

また仕事をやめてPADに加わった46歳のビジネスウーマンは、
「わたしたちは6カ月以来戦っている。今ようやく目的を達成しつつあるところ。とにかくソムチャイ首相が退陣しない限り、この空港から絶対に動かない」
と語気を強めた。

フランスやロシアの外務省は、タイへの旅行をやめるよう国民に勧告しているが、スイスの連邦外務省( EDA/DFAE )は現在のところ、こうした勧告は出していない。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。