Navigation

ダイス外相、人権に関する新提案を発表

ジョセフ・ダイス外相は、国連人権委員会で人権問題を改善するためのいくつかの提案を発表した。

このコンテンツは 2000/03/23 14:52

ジョセフ・ダイス外相は、国連人権委員会で人権問題を改善するためのいくつかの提案を発表した。

ダイス外相は、現行の2協定に基づく草案と、人権を脅かされている人々により効果的な保護を与える「人権の基本的スタンダード」と称する新合意協定を提案した。また、人権侵害の記録に関して少数の国を軽く批判した。が、イスラエルのゴラン高原占領地問題に関しては「スイスの立場は関係国・グループに人民を傷つけるような介入をしないよう要請することに徹してきた。我々はイスラエル軍の撤退が占領地での紛争終焉をもたらす結果になると期待している。」と述べるに留まった。

ダイス外相は、たとえ国連が非難する国々と取り引きする事になっても人権問題の実際的な契約を奨励することを明確にした。この点は「反拷問協定の任意条約原案」に明白に描写されている。この原案は、必要とする国に、機密保持と協力を保証する拷問を予防するための実際的な援助を提供するというものだ。

ダイス外相は、スイス国内での人権の状況について一切触れなかった。欧州評議会は最近発表した報告書で、スイスの国籍申請政策は差別による人権侵害だと批判した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。