ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

トランプの会員制クラブ マールアラーゴのスイス不動産王

ドナルド・トランプのフロリダの別荘は「冬のホワイトハウス」とも呼ばれる

ドナルド・トランプのフロリダの別荘は「冬のホワイトハウス」とも呼ばれる

(Keystone)

物議をかもすスイスの不動産開発業者が最近、トランプ米大統領が所有する米フロリダ州パームビーチの高級会員制リゾート施設、マールアラーゴの会員になった。

 ウルス・レーダーマン氏は、都市区を開発し高所得者層向けに変身させることで知られる、チューリヒ郊外出身のたたき上げの起業家だ。同氏に対する評価は賛否両論だ。メディアがレーダーマン氏の出世をつぶさに追ってきた一方で、住宅所有者たちは、同氏の成長中の会社に不動産を売るよう圧力をかけられたとして、そのやり方を批判している。そんなレーダーマン夫妻が、「冬のホワイトハウス」とも呼ばれるマールアラーゴ他のサイトへの会員となった。

 数年前から友人とマールアラーゴを訪れているレーダーマン氏は、近年夫婦ともに米国で過ごす時間が増えたため、昨年、会員になることに決めたと話す。

 「ビーチがついていることも私たちにとって大きな魅力だった」。また、同地の他のクラブは会員になるのが難しく、より家族向けだったと付け加えた。

 トランプ大統領は就任以来、ほとんどの週末にこの別荘を訪れている。つまり、マールアラーゴの会員は新米大統領に近づくという特権を得ることになる。

 しかしレーダーマン氏は、トランプ大統領の存在は入会の決断とは関係ないと話す。「そういう関心はない。私たちはスイス人であって米国人ではない」

国際的な客層

 ニューヨーク・タイムズ紙の最近の報道によると、マールアラーゴの有料会員は500人近くで、新会員は昨年以来92人増えたという。トランプ大統領就任後、入会金はそれまでの倍の20万ドル(約2220万円)となった。

 スイス在住の著述家で、ツーク州ウンテレゲリにあるテメノス社の清算人レティティア・リットマイスター氏も最近会員になった一人だ。なお、同社はジュネーブの金融ソフトウェア会社テメノス社とは別だ。

 「マールアラーゴはとても国際的なクラブだ」と同施設のベルント・レムケ取締役は話す。「パームビーチに家を所有する、さまざまな国出身の会員がたくさんいる」

 レムケ氏はまた、新会員には厳しい入会審査が行われること、建設や不動産業を営んでいて複数の不動産やホテルを所有する会員が他にも多数いることを付け加えた。

「驚かない」

 公記録によると、レーダーマン夫妻はマールアラーゴの近くに位置する町ランタナに不動産を所有している。

マールアラーゴの会員となったウルス・レーダーマン氏。「ゼーフェルトの王」と呼ばれている

(Marc Wetli / 13 Photo)

 「あそこで(レーダーマン氏が)社交したいと思ったことには驚かない」と、レーダーマン氏の故郷ツォーリコンに長年暮らす住人は話した。

 村の肉屋の息子だったレーダーマン氏は、たたき上げの不動産起業家だ。数年前に、ツォーリコン市議への関心を表明し、政治に参入しようとした。その住人によると、その理由は明らかだった。「自分のビジネスを推進したかったのだ」

 しかしレーダーマン氏は任に就かなかった。本人いわく、「私は率直すぎる。起業家だからね。政治家になるには如才なく立ち回れないと」ということだった。

ゼーフェルトの王

 レーダーマン氏は1979年にコンサルティング会社を設立した。その後、この会社はチューリヒのゼーフェルト地区の不動産開発で成長し、同氏は「ゼーフェルトの王」とあだ名されるようになった。

 「レーダーマン氏の会社はこの地区の高級化の象徴であり、原動力だ」と、ゼーフェルトの地域リーダーのウルス・フレイ氏は話す。

 フレイ氏の地域組織はレーダーマン氏の会社にかねてより批判的だった。フレイ氏によると、レーダーマン氏が一種の「不動産コレクター」となり、「そのせいで経済的に余裕がなければこの地区に住み続けることができなくなった」と感じている住人も一部いるという。

 しかし、地元の経済界では、レーダーマン氏は良い時期に不動産を買い、チューリヒで流行最先端のバーやレストランを擁する地域に変身させた抜け目のない不動産起業家として評価されている。

 最近まで、レーダーマン氏の妻アンナ・マリア氏はこの地区の大通りに面したヴィンテージショップを所有していた。

 彼の不動産会社の新規株式公開が不成功に終わった1年後、スイスライフ社が彼の所有する60件の物件のうち28件を推定1億5千万フランで買い取った。

不動産の拡大

 マールアラーゴの所有者であるトランプ氏もまた、国外に不動産を所有し、賛否の分かれる人物だ。昨年の米大統領選中には、トランプ氏が購入した、一定以上の家賃の値上げが禁じられている建物の住民に、暖房や水道の供給を止めるなどの圧力をかけていたことが報じられた。

 レーダーマン氏はすぐに、自分のビジネスはトランプ大統領のビジネスとは大きく異なると指摘した。

 レーダーマン氏の会社は、コンドミニアムを中心とした少数の賃貸物件で国外に進出している。ボストンにオフィスがある同氏の会社Ledermann US Real Estate Corporationは、古い家屋に贅沢な設備を入れて改装する業務を行っている。

 米国と英国に暮らす子どもたちがいる彼は、これらの国で何かを「建てたい」と考えているという。

 レーダーマン氏は、トランプ大統領が時に冬のホワイトハウスから米国政府を運営する手法についてどう考えているのだろうか?

 「今は特別な時代だ。私は政治家ではないのでなんとも言えないが、おそらくトランプ大統領は独特な政治家なのだろう」

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(英語からの翻訳・西田英恵)

×