Navigation

ネスレ、次の狙いはアイスクリームで世界制覇

ネスレとDreyer's Grand Ice Cream Keystone

先週ドイツのアイスクリーム・メーカーとの間で進行中の買収交渉が報じられたネスレ(本社ヴェヴェー)は、ハーゲンダッツで知られる米カリフォルニアのDreyerユs Grand Ice Creamの株保有率を21%から24%に増やした。

このコンテンツは 2001/07/10 09:09

ネスレはDreyerユs Grand Ice Creamの通常株3、400、000株をゼネラルエレクトリック・キャピタル・コーポレーション、ゼネラルエレクトリック・インベストメント・プライベート・プレースメントパートナー、ゼネラルエレクトリック・ペンション・トラストから取得した。が、2004年まで有効の合意協定のため、ネスレのオーナーシップは25%に限定されている。

Dreyerユs のT.ゲリー・ロジャース会長は、「我が社は全米トップのアイスクリーム・メーカーになるというゴールに向けて急成長してきたと同時に、独立した会社としての地位を保って来た。今後もネスレその他、いかなる会社の傘下に入るつもりはないことを強調しておきたい。」との声明を発表した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。