Navigation

ノバルティス研究センターを米に移転

頭脳流出の危機か?ノバルティス研究センター米国へ移転 swissinfo.ch

医薬品のノバルティス(本社バーゼル)は、バーゼルにある研究センターを米ボストンに移転する計画を発表した。スイスでは頭脳流出を懸念する声が広がっている。

このコンテンツは 2002/05/08 11:00

ノバルティスは、米マサチューセッツ州ケンブリッジに2億5000万ドルで研究施設を建設する計画を発表した。ダニエル・ヴァセッラ・ノバルティスCEOは、「ケンブリッジは世界最高の医学研究者らに近い場所だから」と研究本部をバーゼルから移転する決定を語った。ノバルティスではすでに、マーク・フィッシュマン・ハーバード大学教授に、新しい研究センター、ノバルティス・バイオメディカル研究所(NIBR)所長就任を要請している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。