Navigation

フィリップモリス国際事業本部ローザンヌに移転

米たばこメーカー第3位のフィリップモリスは、2002年1月までにニューヨークからローザンヌへの国際事業本部移転を完了する見込みだ。現在ニューヨークの国際事業本部には約300人の社員がいるが、そのうち移転とともにローザンヌへ移るのは役員若干名で、あとはローザンヌで新たに採用するという。

このコンテンツは 2001/06/21 09:25

PMローザンヌ支社は1964年に設立された。同社の欧州、アフリカ、中東での事業はローザンヌ支社で統括されている。スイスのフィリップモリス従業員は2、500人で、うちローザンヌに1、300人、ヌーシャテルに1、200人いる。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?