Navigation

ホロコースト時代の口座名義を公開

スイスの連邦銀行委員会は、ホロコースト時代からの休眠口座26、000の名義人名簿を公開する決定をした。1998年にスイスの銀行と国際ユダヤ人組織が合意に達したホロコースト犠牲者への賠償金支払いの道が、やっと開けた。

このコンテンツは 2000/04/01 15:03

スイスの連邦銀行委員会は、ホロコースト時代からの休眠口座26、000の名義人名簿を公開する決定をした。1998年にスイスの銀行と国際ユダヤ人組織が合意に達したホロコースト犠牲者への賠償金支払いの道が、やっと開けた。

昨年12月、3年間休眠口座の監査を行ったフォルカー・コミッションは、連邦銀行委員会に口座の名義人名簿を公開するよう要請した。26、000の休眠口座はホロコースト犠牲者の物である可能性が高く、口座の保持者および相続人を捜すためにスイスの銀行秘密保持法を解除するよう要請した。

休眠口座保持者の名簿は、1997年銀行自身の監査の後2回公開された。が、国際ユダヤ人組織からの強い圧力を受け、フォルカー・コミッションが独自の調査を開始した。フォルカー・コミッションは、元米連邦準備銀行総裁のポール・フォルカー氏が議長を務め、スイスの各銀行代表とユダヤ人グループ代表から構成されている。

スイス当局は、最新リスト公開の決定に時間がかかりすぎだと批判されていた。名簿が公開されないと、1998年スイス銀行とユダヤ人組織が合意に達したホロコースト時代からの口座に関する全要求に対する包括的和解125億ドルの賠償金支払いが実施されない。なぜならば、公開される26、000の口座のうち保持者が確認されたものに相当する額は、包括的和解額から差し引かれるからだ。

スイス銀行協会は連邦銀行委員会の決定を歓迎し、権利人への預金の分配が速められると確信している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。