ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロゼッタの旅 驚くべき精密性、息をのむ映像

10年間に60万キロメートルを飛行。そのうち2年間は冬眠モードに入っていた探査機ロゼッタ。広大な宇宙空間で幅4キロ、長さ2キロの大きさの彗星(すいせい)に到達するという偉業を成した。だが、ロゼッタの最大のミッションはこれから始まる。

(写真、欧州宇宙機関提供。No.10のみツイッターby Michel@quark1972より)