ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

下院、中絶法案可決

下院で 妊娠12週間以内の中絶を認める法案が可決された。

(swissinfo.ch)

国民議会(下院)は14日、妊娠12週間以内の女性の中絶する権利を認める妊娠中絶法案を可決した。中絶法案は今後国民投票にかけられる。妊娠中絶法の緩和は8年間議論われてきた。現行では中絶法は州によって異なっており、全国統一が望まれていた。

1942年に導入された現行法では、母体に趨スの危険がある場合を例外として妊娠中絶は禁止されている。が、複数の州では規制を緩和した州条例が施行されており、スイスでは毎年約13、000人が中絶するのが現状だ。

今回下院で可決された中絶法案は、妊娠12週間以内に出産によって苦境に陥る理由を撫曹ナ医師に提出した場合、中絶の免許を持つ医院・医師のもとで中絶する権利を認めるというもの。また、希望があればカウンセリングも行う。

中絶法案可決を受け、伝統的にカトリック教徒の多い地域を支持基盤とするキリスト教民主党は、16日の党大会で中絶法案反対議案の国民投票を求めるための5万人署名活動を始めるかどうかを決定すると宣言した。しかし、同党内の女性党員らは中絶法案に賛成の意見が多く、積極的には党の反対運動に協力しないとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×