Navigation

原発閉鎖は、金かかる?

現在スイスの電力の原発依存度は、40%だが、スイス原子力業会は、国内で稼働中の4つの原子力発電所を閉鎖すれば、40兆スイスフランの損失となると、発表した。

このコンテンツは 2000/02/24 14:58

現在スイスの電力の原発依存度は、40%だが、スイス原子力業会は、国内で稼働中の4つの原子力発電所を閉鎖すれば、40兆スイスフランの損失となると、発表した。

業界の提示した数字は、原発閉鎖、新規原発建設停止の二つの要求への返答のため、ドイツ・ブレーメンのエネルギー研究所に依頼した研究の結果。原発閉鎖要求とは、2015年までに全てのスイス国内の原発を閉鎖する事を要求したもの。また、新規建設停止要求は、1990年の国民投票で承認された10年間の原発新設停止期間の延長を要求したもの。

研究の結果は、全原発を閉鎖した場合は40兆スイスフランの損失、建設停止期間延長の場合は29兆スイスフランの損失となると、報告された。また、原発は有害物質を排気しないが、原発を閉鎖し、火力発電所を建設すると鉛など有害物質の排出を増加する事になり、大気汚染を悪化する結果となると、指摘した。

火曜、ベルンで行われたプレゼンテーションで、シルビオ・ボルナー・バーゼル大学教授は、自由化された電力市場でも、スイスの発電所は競争力があると、報告。また、ある電力関係会社のマネージャーは、フランスの原発からより高い料金で電力を輸入するためだけに稼働中の原発を閉鎖するのは、全く無意味だと強調し、また、原発を閉鎖し、石油や天然ガスを燃やす火力発電に変えたら、二酸化炭素が排出されるのだと、大気汚染への悪影響を指摘した。

しかし、環境保護団体は、原発業界の報告に納得していない。WWFスイスは、報告は経済的な計算のみで、原発事故のおよぼす人類と環境へのコストを考えていないと、抗議している。グリーンピースは、報告は古くなった原子力施設の廃棄にかかるコストと、スイスの原発の寿命を過大に見積もっていると、批判している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。