ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

幼稚園増設に100億円

ある日のベルンの幼稚園

(Keystone)

次期4年間 ( 2007〜2010年 ) の幼稚園増設費に、政府は1億2000万フラン ( 約114億円 ) をあてることにした。

88の賛成、85の反対、1の棄権票で、すでに全州議会 ( 上院 ) を通過したこの議案を国民議会 ( 下院 ) が承認した。

最終的には、右派系の2党、急進民主党 ( PRD/FDP ) と国民党 ( UDC/SVP ) が一緒になって賛成したお陰で、幼稚園増設費1億2000万フラン ( 約114億円 ) を国民議会は承認することができた。これは、政府が提案した額の2倍であり、第1期の経験にかんがみて十分な額だという。

妥協案

 スタートの第1期 ( 2003~2006年 ) に予定されていた2億フラン ( 約190億円 ) の内、結局、8000万フラン ( 約76億円 ) しか使われなかったとパスカル・クシュパン内相は言う。「承認された1億2000万フラン ( 約114億円 ) を少し下回る額が、実際には使われるでしょう」とクシュパン内相。

 始め政府は6000万フラン ( 約57億円 ) のみを提案。それに対し、左派の党とキリスト教民主党 ( PDC/CVP ) が反対し、国民議会は2億フラン ( 約190億円 ) を支持することに決めていた。

 その後、妥協案として、「第2期は第1期よりもっと経費がかかるから、1億6000万フラン ( 約150億円 ) は必要」と主張していた。それが最終的に、1億2000万フラン ( 約114億円 ) になったのである。

2006年末までに1万3400席

 「経費が足りないという理由で、幼稚園増設プロジェクトを拒否することはなんとしても避けたいのです」とキリスト教民主党員、テレーズ・メイヤール氏は言う。「1億6000万フラン ( 約150億円 ) あれば、1万6000〜1万8000人の子供を受け入れられるのです」

 メイヤール氏と意見を同じくする緑の党 ( PES/GPS ) のフランツィスカ・トイシャー氏も「幼稚園増設の予算額を下げることは州、市町村、関係企業に良くない印象を与える」と嘆く。

 社会民主党 ( SP/PS ) のジャクリンヌ・フェール氏もスイスインフォに対して、「予算額を下げたこの決定は、幼稚園の数を増やしたくない意図の表れと受けとられます。ところが、幼稚園は将来益々必要になるのです」と語った。

 ところで、第1期の予算で、2006年の末までに、新設幼稚園の席が1万3400できる予定。しかし、まだ5万人もの子供たちが空席待ちをしているという。

swissinfo、外電 里信邦子 ( さとのぶ くにこ )

キーワード

政府の調査によると、2003年2月から2006年1月までに、新設幼稚園の席が7637できた。
第1期のプログラムの終わりと考えられる2006年末までに、1万3400席になる予定。

インフォボックス終わり


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。